アオハルなんて甘すぎる Vol.20

「もう少しだけ、このままでいいかな?」初デート中、東京タワーまでの道で突然手を握られて…

前回:「新しい男で上書きしないと、古い恋の傷は癒えない」デートでの猛アタックに戸惑う28歳女に友人は…

※6/22(土)配信予定でしたが、本日6/29(土)に変更になりました。「アオハルなんて甘すぎる」ご愛読の皆さま、配信が遅れましたことを心よりお詫び申し上げます。



28歳にもなってデートの練習相手をお願いするなんて。やっぱりちょっと…というかだいぶ情けないのではないだろうか。しかも相手が3つも年下の男性であればなおのこと。でも、ただの年下ではないことが救いではあった。

― 大輝くんを年下だと感じたことは一度もないから。

イケメンという表現では表しきれない程、圧倒される美しい容姿な上に、名家で育った品の良さに加算されているのは、育ちが複雑だったが故の優しさと精神的な落ち着き。恋愛経験どころか人生経験だって私より数倍、いや数十倍お持ちだろう。そんな大輝くんが、

「寒いし、鍋食べ行く?宝ちゃん福岡出身だしどうかなって」

そう言って選んでくれた博多モツ鍋デート案に私は飛びついた。いや、他にもいくつかの選択肢…おしゃれなレストランも数件、LINEで送ってくれたのだけど、私は飛びついたという表現がまさにという即決で、モツ鍋大好き、モツ鍋でお願いしますと返信した。

「モツ鍋の間だけ、ノンアルにしてみようか」

酔いがまわらない方が練習になりそうだしと言った大輝くんは、他にもいくつかの提案をしてくれた。寒いけど、2軒目への移動は歩きにしてもいい?ベタだけど東京タワーとか昇るのはどう?だからスニーカーできてくれた方がいいけど大丈夫そう?

全ての提案の最後にクエスチョンマークを付けて私の意志を確認しようとしてくれるあたりがとても大輝くんらしい。そんな優しさに甘えて、スニーカーデートの場合何を着て行けば?ということまで大輝くんに確認した瞬間、電話がなった。

そんなこと女の子に聞かれたの初めてで思わず電話かけちゃったよ、と笑う大輝くんからで、そこからは話しながら服装の確認をさせてもらった。

大輝くんが選んでくれた店は恵比寿にあった。博多の老舗モツ鍋店で長らく2番手として働いていた人が、東京に出した店らしい。博多の老舗の店は私も両親と何度か行ったことがあって、なおさらテンションが上がってしまった。

「3週間の間に、3回はオレとデートしてくれないかな。付き合うかどうかの返事は3回目のデートが終わってからにしてほしい。そこまでオレに頑張るチャンスをくれたら嬉しいんだけど」

フランスでシェフをしている伊東さんにそう言われ、恋人になって欲しいと申し込まれたのは4日前のこと。今日は火曜日の夜だ。デートの練習をするなら早い方がよくない?と大輝くんに言われて予定を決め、私は会社から一旦自宅に戻り、着替えてすぐに待ち合わせの店の前へ向かった。

― あ、もう大輝くんが。

店は恵比寿駅の東口を出て広尾方面へ向かう方向にあり、その店の前のガードレールに大輝くんが座り、ヘッドホンをはめて携帯を見ていた。

街灯がまるでスポットライトとなり大輝くんを輝かせているかのように、夜目にも目立つその姿に近づこうとしたとき、おにーさーん!という甲高い声の影が複数、大輝くんに駆け寄るのを見て私は足を止めた。

「お兄さんヤバ♡イケメン過ぎません?今から私たちと一緒に飲みに行きましょうよぉ」

この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
先週更新がなくてガッカリしたけれど今日読めて相変わらずの内容で大満足。今日の様子を伊東さんが偶然見かけたりしていない事を祈る!!
2024/06/29 06:0341
No Name
モツ鍋食べたくなった♡ 季節は逆だけど。
2024/06/29 06:0535返信1件
No Name
キャーー、大輝、宝を好きになっちゃった🥺⁉️
2024/06/29 06:4533返信1件
もっと見る ( 19 件 )

【アオハルなんて甘すぎる】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo