変わりゆく東京、進化するグルメ 「東京美食エリアガイド」 Vol.16

『八丁堀&新富町』
通える小箱の地 Part1

一等地かつ観光地の、銀座の隣。
なのに、流れる時間と空気の色が違う。
だから、通える小さな店が集まるのだ。

大通りを川沿いの路地に一本入った場所に、『日本料理 エドア』はある

ニホンリョウリ エドア

日本料理 エドア

原点はホームパーティ。料理人の心くばりに気兼ねなく酔える幸せ。

「完全貸切予約制」

八丁堀の一角にこの9月開業した『日本料理 エドア』の営業スタイルである。銀座から至近距離にありながら、通勤時間と昼休み以外、人気の少ないこのビジネス街に、ぽつんと開いたこの店は、一見、食器かインテリアのショールームと見紛う。大きな窓越しに見える小柄な店主・高村直子さんの、包丁を握る姿は儚げで、さらにここが何の店か朧気になってくる。

だが改めて言うまでもなく、ここは日本料理店。ホームパーティでお客に料理を振る舞う楽しさに開眼、OLを辞めて25歳で調理師学校に入学し、日本料理人を目指した高村さんが、友人ふたりと共同で開けた。銀座の日本料理店で約4年修業の後、1年間バイトに励んで開店資金を貯めた。

「会社を辞めた時から、独立して店を持つと決めていたんです」

『エドア』は、朝10時から夜0時までの間であれば、何時でも店を開ける。貸切でふたりから8名まで対応。料理は基本お任せだが、好みの食材を組み込んでもらうなどももちろん可能だ。時間内はたったひと組のお客に対してだけ、心を尽くす。このスタイルを採ったのはやはり、彼女の原点がホームパーティにあるからだ。

料理は潔く、極めてオーソドックス。旬の野菜や魚を、丁寧に調理し、料理に仕立てる。だが店が1日に使う食材は極めて少量。

「今日は銀杏5粒、きすを2尾…なんて買い方をしてるんです」

そう高村さんは笑うが、購入先は築地場内外の店。小売り対応が進んだとはいえ、ここまで少量販売してくれるのは、彼女が修業時代からこつこつとその店に通い詰めたからだ。今日来るお客のことだけを思い、必要な分だけを仕入れる。「日本で最もエコな店」と、彼女はまた笑う。日本酒も同様。少量しかはけなくとも、「日本料理は日本酒が一番」と、酒屋に通う高村さんならばと、酒が集まる。

開業から約3ヵ月。修業時代からのお客に加え、八丁堀近隣のお客もぼちぼちと増え始めた。

「今日のお客さまのためだけに」『エドア』が目指すおもてなしの姿が、ゆっくりゆっくり街に染み込むまであともうちょっとだ。

スタンドバー マル

Stand bar maru

3つの顔を持つ、八丁堀の名店。

元々は酒屋店が始めた一角の立ち飲み。まさか、これほどまでに発展するとは、と見紛うほどの繁盛店に。フロアごとにスタンディング、炭火グリル、ビストロと分けたコンセプトも使い勝手が良い。

ガール・ド・リヨン

Gare de Lyon

ワインと料理をカジュアルに。知っておきたい八丁堀ビストロ。

自然派のワインを揃え、壁一面に並ぶボトルがワインリスト代わり。気取りのない空間、ハムやソーセージの盛り合わせをスペシャルにするなど、パリのビストロ『ル・ヴェール・ヴォレ』そのもの。系列店も近所だ。


東カレアプリダウンロードはこちら >

【変わりゆく東京、進化するグルメ 「東京美食エリアガイド」】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ