「そういうとこ」で振られる男 Vol.5

3年前に破局した元カノから、突然の呼び出し。大手町のホテルラウンジで“あるモノ”を手渡され…

◆これまでのあらすじ
人気女性誌のWeb媒体でコラムの編集をする優斗(34)。趣味のボルダリング中に落下し怪我をしてしまう。そんな優斗のもとに、3年前に別れた恋人・美紀(34)からDMが届く。彼女は「そういうとこだよ」と言い残して去っていった女性の1人で―。

▶前回:ジムで出会ったヘルシー美女に惚れた男。順調に交際できたが、1年で突如終止符を打たれ…


Vol.5 相手のせいにして、自分がホッとしたかっただけ


― いや…絶対、怒ってるって。

3月も終わりに近づいたある日。

大手町でタクシーを降りた僕は、パレスホテル東京の『ザ パレス ラウンジ』に足を踏み入れ、途端に怖気づいた。

腕時計に目をやると、美紀と待ち合わせをした11時30分にはまだ少し時間がある。道が空いていて早く着いたのだけれど、そこにはすでに彼女の姿があった。

なんと、テーブルの上で指をきつく組み、難しい顔をしてうつむいている。

― 3日もDMを返さなかったのが、まずかったかな。

彼女から“来週、少し会えない?”とメッセージが送られてきたとき、微妙に迷ったせいだ。

なぜなら、3年前の破局直後。すべてをリセットするかのように、美紀は僕との関わりをバッサリ絶ったから。

― あのとき、速攻でLINE辞めてたよなぁ…。

当時、ふとアプリを開いたとき、上から2番目にあった美紀とのトークページに“メンバーがいません”と表示されて、目を疑った。

立て続けにInstagramもフォロワーから削除され、非公開設定の彼女のページは見ることも叶わなくなった。さらに決定的だったのは、僕よりも長く通っていたボルダリングジムを退会していたことだ。

その彼女と会うということは…。もしかしたら、また嫌な思いをさせてしまうのでは?と気が引ける。だけど、誘ってきたのには何かワケがあるに違いない。

視界の先でうつむく美紀は、何を考えているのだろう。

― 考えよう…あぁ、そうか。

僕は思い出した。これは、彼女が怒っているときの態度ではないことを―。

この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
お昼時に約束しておいて「この後レッスンだから飲み物だけでいいや、優斗は好きなもの食べてね」なんて言われても、普通は注文しづらいから。一人で食べるのも気がひけるし。これも美紀の “良かれ”と思った行動かもしれないけど、ズレてると思うわ。
2024/04/01 05:2841返信2件
No Name
この連載は好きだけど、「そういうところだよ」言ってくる元カノ達にイラッとする。美紀の主張もネガティブで理にかなってない。面倒だなと思った。
2024/04/01 05:2135返信1件
No Name
美紀、屁理屈すぎなんじゃないの
2024/04/01 06:1416
もっと見る ( 14 件 )

【「そういうとこ」で振られる男】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo