ひとりで住む家、ふたりで棲む家 Vol.3

「新婚生活は順調だけど…」入籍して3ヶ月。女が親友に打ち明けた、ある心配事とは?

◆これまでのあらすじ
38歳の真弓は、生涯独身を覚悟して手に入れた自宅マンションを気に入っていた。しかし、友人の紹介で出会った40歳の雄介と結婚。子どもが欲しくなり、今の家に住み続けるか迷う真弓だが…。

▶前回:「実は、私…」カルティエで指輪を選び、入籍の日も決まったけど。女には“秘密”があって…


Vol.3 私の家、いくらで売れる?


とある休日の昼下がり。友人のミズホと予定が合ったので、私は彼女と軽くお茶することにした。

「しばらくぶりだね~。あっというまに入籍3ヶ月か。どうよ、新婚生活は?」

「そうね…とりあえずは順調、ってトコかな。でも…」

「『でも』って?なにかあったの?」

入籍・雄介の引っ越しと妊活などでバタバタしていて、しばらく彼女に会えていなかった。

ミズホが開いてくれた会で雄介と知り合えたから、お礼もかねて入籍前に3人で食事したのが前回。今日はそれ以来に会う。

私は、妊活をしていることや、そのために今の家に住み続けることに不安があることを素直に彼女に話した。

「雄介は、『どうにかなる』とか『子どもができてから考えればいい』の一点張りで。たしかにそれも一理あるんだけど…」

「彼も真弓の家への引っ越しが終わって落ち着いたところだもんね。そんなバタバタ動きたくないっていうのも、わかるけど」

― たしかにミズホの言うとおりかも…自分が雄介の立場だったら、「また引っ越し?勘弁して」って思っちゃうかな。

ミズホの言葉に、雄介の感情に寄り添うことも必要だと気づかされる。「そうだよね。やっぱり子どもができてから悩もうかな」と言いかけた、その時。

「とはいえ、また次の家も購入して住むつもりなら、早いうちに住み替えた方がいいんじゃない?年齢重ねるとローンも組みづらくなっちゃうし。高齢出産でいつ授かるかわからないなら、なおさら早いうちに手を打っておいてもいいかも」

この言葉で、また私の中で気持ちが揺らぐ。

この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
結局この家は私が買った私の資産であると言う分別が彼には有る。
そうだけど、もう結婚して真弓がローン支払いする代わりに生活に関わるお金は全て雄介が払ってる状況なのだから、もう少し夫の意見を耳を傾けたり譲歩したりすればいいのに。今日で真弓が嫌いになった。
2023/12/04 05:3420返信1件
No Name
真弓は先週クリニックを予約しただけで妊活を始めるかどうかもまだ分からない状態だと思ったけど、もう妊活してるのね?! 色々飛ばして話が進んでいるけれど、読者としては妊娠初期と引越しのタイミングが重なったら?とか、子供と住める所に引っ越したはいいがいつまでも妊娠せず....だったら?の心配が。
2023/12/04 05:2118
No Name
万人受けする小説を...とまでは言わないが、この話は家を売る事にフォーカスし過ぎて細かい部分や心情に「ん?」と思う事が増えて来た。同じ状況の人であれば面白いのかもしれないが、どうも話が進むに連れて退屈になってくる。
2023/12/04 05:3016
もっと見る ( 17 件 )

【ひとりで住む家、ふたりで棲む家】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo