男と女の東京ミステリー Vol.19

デートに毎回1時間以上遅刻する、27歳・金融OL。彼との関係に、ある不穏な兆しが…

人の心は単純ではない。

たとえ友情や恋愛感情によって結ばれている相手でも、時に意見は食い違い、衝突が起きる。

軋轢や確執のなかで、感情は歪められ、別の形を成していく――。

これは、複雑怪奇な人間心理が生み出した、ミステリアスな物語。

▶前回:彼の誕生日に贈ったプレゼントが喧嘩の引き金に…。デート中、急に雰囲気が悪くなったワケ


時間の軸【前編】


「ねえ、ママ。どっちの服がいいと思う?」

遥香は、キッチンでお菓子を作っている母親の真澄に、今日のデートに相応しい服を尋ねる。

「ええ?う~ん、ママはこっちかなぁ…」

真澄は、グレーのフレアワンピースを指さした。

「っていうか、遥香。あなた、待ち合わせの時間、もう過ぎてるんじゃないの?」

真澄が心配そうに時計を見上げる。

普段の遥香は、大手金融機関で広報として働いているが、今日は土曜日。

仕事が休みということもあり、15時に彼氏の拓司と待ち合わせていた。

だが、すでに16時前。1時間近くも過ぎている。

「うん、もう行く」

「大丈夫なの?」

「うん、拓司は優しいから」

遥香は焦る様子もなく答える。

歯科医師の父親に、次女として甘やかされて育った遥香。

至ってワガママで、プライベートとなると時間にルーズだ。相手を待たせることへの罪悪感も薄い。

― 拓司は、私の遅刻を気にしない性格だもん。

拓司は会社経営者を父に持つ、裕福な家庭の次男。遥香と同じような家で育っている。

穏やかでのんびり屋。ワガママを受け入れてくれる優しさを持ち合わせ、27歳で同年齢。友人から紹介を受けたときはすぐに波長が合うと感じた。

背の高い痩せ型の体型が、好みにも合う。まさにパートナーに相応しい相手だと遥香は思っている。

「よし。そろそろ行こ」

遥香が着替えを済ませ出かけようとすると、愛犬のトイプードルが近付いてきて足もとをうろつく。

小学6年生のころから飼い始めたシニア犬で、名前をメープルといった。

「あ、そうだ!昨日、メープルのためにおやつを買ってきてたんだ。ちょっと待ってね…」

また、さらに時間が経過していく…。

この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
仕事が長引いてとかではなく、週末実家から出てくるのに1時間半も遅れて来るとかあり得ない。ナメてるとしか言いようないし、「遅くなっちゃった〜」とか待たせて何とも思ってないじゃん。こんなカスみたいな人間、愛想尽かされるのも時間の問題かな?
2023/11/23 05:2178返信2件
No Name
時間にルーズで人を待たせても何とも思わない人の話、最近多いけど。
今日は「彼遅刻を気にしない性格だもん」とか言って。小説とは言え1時間半も人の時間を奪ってヘラヘラしてる女性の話はもはや不愉快。教養も無さそうだし拓司が付き合ってる事がミステリー?!
2023/11/23 05:3067返信3件
No Name
これは東京ミステリーではなく男女の答え合わせか?笑 何が良くて遅刻ばっかりする彼女と付き合ってるんだろう?来週拓司の反撃でスカッとさせて欲しいよ。
2023/11/23 05:1639
もっと見る ( 23 件 )

【男と女の東京ミステリー】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo