港区今昔物語 Vol.7

結婚に焦り、7歳下の彼を狙おうとする憐れな33歳女。男には4年も付き合っている彼女がいて…

今となっては昔のことですが、港区に沙羅という女が生息していました。

「今夜、食事会あるんだけどどう?」と言われれば飛び入り参加して、必死に“彼氏候補”を探したものでした。

ある日、ようやく彼氏ができて食事会に行かなくなりましたが、その彼にも…。

残念に思って2年半ぶりに港区へ近寄ってみると、そこには以前と全く別の世界が広がっていたのです。

▶︎前回:ソファでゴロゴロしていたら、ついに…。同棲解消を告げられた後も、居候を続ける女に起きた悲劇


東京都港区、西麻布。この場所にはかつて、男女の欲望が渦巻いていた。

だから私は西麻布の交差点へ行くたびに、不思議な気持ちになる。

なぜならば10年前は、この交差点を通れば必ずと言っていいほど知り合いの誰かに遭遇し、そこから「飲みに行こう!」となって、明け方まで出歩くのがよくあるパターンだったから。

週末になればタクシーは捕まらず、まるでバブル再来のような異様な盛り上がりがここにはあった。

でも今や、交差点界隈は閑散としている。

人がいることには、いる。けれども昔と変わったのは、みんな行きつけの店へと直行し、外様は決して受け付けないこと。

お店の扉を開けると、そこにはクローズドな空間とコミュニティーが存在していて、知り合いでないと入りにくい雰囲気を醸し出しているのだ。

― いつの間に、変わっちゃったんだろうなぁ。

私は、時代の変化を嘆かずにはいられない。しかし、街が変わったのではない。人が変わったのだ。

そんな西麻布の交差点から、タクシーで3分ほどの場所にあるカラオケ付きの個室バーで、私はまさに“新世代の港区男子”と一緒にいた。

この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
元彼の家に居候してるんだよね?
とりあえず家探して、仕事に本腰入れたら?って毎回思う。
2022/09/19 06:5962返信2件
No Name
そもそも、恒星は港区に生息してる男子でも何でもないですよね。先輩に呼ばれて来たらお食事会で、かなり年上にお姉様方がいたというだけで。
本人も、お食事会なんてほぼしないとか言ってましたし。だから、港区が健全な街になった訳でも何でもないですね〜。 ブスでも若けりゃいいとか、女子アナやモデルの肩書き狙いの既婚おじさん、いっぱい残ってますから。
2022/09/19 06:2654
No Name

だから、紗羅も港区のお食事会ばかり参加してないで、アプリで出会いを探したらと言いたい!
2022/09/19 05:2332返信2件
No Name
服はゴミ袋に入れず、売ればいいのに。
2022/09/19 06:0322返信2件
No Name
女を磨くで外見を考えてる時点で沙羅オワコン。
2022/09/19 05:4019
もっと見る ( 23 件 )

【港区今昔物語】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo