男女上京ヒストリー~12年目の悲哀~ Vol.7

男友達が電話中に、2枚の画像を送りつけてきて…?写真を見た女が唖然としてしまった、その内容は

「あの頃の自分が思い描いていたオトナに、ちゃんとなれてる?」

高校卒業から12年。

これは様々な想いを抱えて上京してきた、男女の物語だ。

恋に仕事に、結婚に。

夢と現実の狭間でもがく30歳の彼らが、導き出した人生の答えとは?

◆これまでのあらすじ

エリート弁護士として“勝ち組生活”を送っていた、ムラタク。しかし「東京で、どうやって生きていったらいいのかわからなくなった」と千紘の前でこぼす。

そんなとき「実家にいる父が危篤だ」という知らせを受けて…?

▶前回:エリート弁護士が30歳の女に振られた、想定外の理由とは


夏原千紘、29歳。衝動的な帰省


羽田発、松山行きの飛行機内。私の隣には“ムラタク”こと村林拓也が座っている。

仕事がイヤになり休職することを決めた私は、衝動的に愛媛行きの飛行機へ飛び乗った。…同じく、地元に帰ることになったムラタクも一緒に。

「ムラタクはどうして愛媛に?」

「父さんが倒れた」

離陸したあと、彼はずっと窓の外を眺めている。

「…海、青いな。久々に見たわ」

ムラタクの視線の先には、一面の海が広がっている。大和の命を奪った、忌々しいあの海だ。

「私も3年ぶりに見たな。最後に帰省したの、コロナ前だったから」

「俺は12年ぶりだ。…なんかさ。浩二も亜美も俺らも、地元に吸い寄せられてる気がするな」

ようやく松山空港に到着すると、彼はお土産売り場を見るなり、大はしゃぎし始めた。

「ウェーイ!懐かしいな、海とじゃこ天の匂い!」

昔から変わらないお土産売り場の名物・蛇口からみかんジュース。ムラタクはさっそく、蛇口をひねっている。

「やっぱ、本場のポンジュースはうまい!ほら、千紘も」

「ありがとう」

差し出されたプラカップを受け取って、ゴクゴクと飲み干す。

「千紘ってさ、いつまで愛媛にいる?」

「…まだ決めてない」

「そっか。じゃあ親父のことが落ち着いたら連絡するわ。大和と亜美について、気になることがあってさ」

「えっ。何があったの…?」

ムラタクは多くを語らず、いつものようにウインクすると、タクシーで市立病院へと向かってしまった。

【男女上京ヒストリー~12年目の悲哀~】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo