現代の“教育・お受験”リアルドキュメント Vol.20

【前編】中学・高校と、慶應付属校の受験に失敗。そんな家庭が“16歳でハワイ留学”を決意した理由

受験対策に大枚をはたき、どれだけ時間をかけようとも、成果に結びつかないことは往々にしてある。

それに、挫折は受験だけではない。

部活動や習い事を頑張っているのに、結果に表れてこない。また学校に馴染めずいじめや登校拒否になるリスクだってある。

“不測の事態”は人生につきものだが、子どもには最良の選択をしてほしいと思うのが親心。

今回はそうした不測の事態を前に「教育に何が必要か」を考え、自分たちなりの道を見いだした親子の実体験を紹介しよう。


前回の記事はこちらから
中学受験塾に6年間で900万も支払った。それでも“全落ち”したとき、親子がとった行動は…

あわせて読みたい!プレミアム会員限定オリジナル記事を、今すぐチェック>>

▼INDEX
1. 英語も話せないのに、ハワイのインターに通ってみたら…

2. 難関校合格を捨ててまで、留学を決意した理由


この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
立教蹴ったの!?高校受験苦しんだものとしては、羨ましい話だわ…😭
2022/08/12 09:025返信6件
No Name
16でハワイ留学か~
うちの息子じゃ心配だわ(笑)
2022/08/12 05:054返信1件
No Name
後編も気になる‼会員登録しようかな。
2022/08/12 06:473返信1件
No Name
留学したいって言って、いいよって言ってくれる親は貴重ですよ。私は昔言って即却下されましたからー😭
2022/08/12 08:013
No Name
マジレスすると、慶應でいいなら、慶應NYがあります。年間5万ドルですが。
2022/08/12 09:423
もっと見る ( 18 件 )

【現代の“教育・お受験”リアルドキュメント】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo