港区夫妻のトラブル事例 Vol.13

妻の留守中に、夫は書斎でこっそりと…。家に出入りするメイドと1年以上も危険な関係に陥り…

何不自由ない生活を送っているように見える、港区のアッパー層たち。

だが、どんな恵まれた人間にも小さな不満はある。小さな諍いが火種となり、後に思いがけないトラブルを招く場合も…。

しがらみの多い彼らだからこそ、問題が複雑化し、被害も大きくなりやすいのだ。

誰しもひとつは抱えているであろう、“人には言えないトラブルの火種”を、実際の事例から見てみよう。

記事最後には弁護士からのアドバイスも掲載!

▶前回:不倫の代償として退職に追い込まれた37歳男。見た目は大人しそうだが、怖い女に手を出し…


Vol.12 海外赴任先での夫の裏切り

【今回のケース】
■登場人物
・夫=孝介(36)大手銀行勤務 年収1,600万円
・妻=佳乃(30)主婦
・メイド=アドラ(21)

海外赴任中に夫が不倫。妻との離婚を考えるが、海外での手続きの進め方が分からない。

「36歳のお誕生日おめでとう~!!」

仕事から帰......


この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
初恋の人に似てる思い込みメイドさんに手を出して、しかも子供までできているとか…孝介何やってるの?
アドラは日本人と結婚して日本に住みたいだけかもよ。
2022/08/21 05:4699+返信3件
No Name
あ〜、ここにもネオ馬鹿夫。
2022/08/21 05:4369返信1件
No Name
孝介、最低。日本の法律が適用されるなら、離婚したくない佳乃にとって救いかも知れない。孝介の思い通りになんか、させたくないしね。

でも孝介の友人は、昔の面影が全く無さそうなジーナのことをよく覚えていたね。ジーナの顔立ちは、孝介の中でだけ美化されていて、案外昔と変わっていなかったのかな。
2022/08/21 05:4542
No Name
外国に住んでいる日本人夫婦の事例を取り上げてくれた青木先生の解説は興味深いけど、本ストーリーで白金以外に住んだ事がなくてホームシックにかかる程だった佳乃が日本には帰らないは無理があったのでは?孝介と別れる気はないの方が自然だったと思う。
この連載、青木先生の解説が良かっただけに時々ストーリーがおかしな事になっていたのが残念。
2022/08/21 05:4223返信1件
No Name
この場合、メイドが出産でもしたら男性も会社に居られなくなる可能性もありますね。日本に戻ってきたらインド人妻は慣れない環境、言葉もうまく通じず家族も近くにいない国でストレス溜まり、また離婚になるんじゃないでしょうか…

大抵の駐在国での不倫は男性が一人孤独で終わるケースが多いですけどね…。おろしてほしい、と言わないだけマシなのかもしれませんが。
2022/08/21 16:137
もっと見る ( 17 件 )

【港区夫妻のトラブル事例】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo