ゴシップな女ー嫌われ者のカレンが死んだー Vol.2

夜の港区から突然姿を消したセレブ美女。遺された家族の言葉に違和感を感じた友人は…

見栄と承認欲求で作りあげられたインターネットの世界。

ここでは誰もが『なりたい自分』になれる。

ハイブランドで全身を包み、華やかな日々をSNSに公開していた謎の女・カレン。

そんな彼女が、突然、この世を去った――

死によって炙り出される『彼女の本当の姿』とは…?

◆これまでのあらすじ

SNSで華やかな生活を披露していた謎の女・カレンが突然亡くなった。カレンとの仲は希薄だった玲香だが、彼女の妹から「形見分けをお願いしたい」と依頼されてしまい…。

▶前回:画像加工とハイブランドに彩られたSNSの女王…人生を謳歌していた港区女子の哀れな最期


Chapter.2 女の笑顔のその奥に…


『形見分け』――故人が愛用していた品物を、生前に親交のあった親しい友人などに贈ること。

「形見分け、ですか?」

玲香はカレンの妹・明奈に『なんで私が?』という意図を持って聞き返した。

彼女とはSNS上では友人だが、実際は知人を通じて会っていただけの薄い関係だ。

「はい。ここにある物をすべて処分してしまうのは忍びなくて。私は昔からこういうものと無縁で価値がわからないんです」

両親はすでに他界し、明奈は現在、配偶者とともに米国在住だという。明後日には日本を発たなければならないそうだ。

戸惑いが表情に現れていたのだろう。玲香が口ごもっていると、静かに彼女はつぶやいた。

「姉の遺言、なんです。形見分けは玲香さんにお願いしてと」

勘弁してほしい、そう思ったのは言うまでもない。想像していたお別れ会の幹事よりはマシだが、それでも面倒な役回りである。

しかしなぜ自分なのか……。

― まさか、時間がありそうだから、と思われているのかしら?

確かに玲香は六本木界隈の食事会参加率は高い方だった。しかし、美容皮膚科に看護師として勤務し、その上でモデルの仕事が入ることだってある。恋人もおり、暇人だと思われることは心外だ。

「お願いします。遺書に書いてあった、姉の最後のお願いなんです」

この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
玲香とそのモデル仲間全員、程度が低すぎてドン引き。故人の家で、もしかしたらその家のどこかで命を断ったかもしれないのに、カレンの悪口三昧。よほど友達になかったとか化粧モンスターとか、ひどいわ。
2022/02/02 05:3099+返信4件
No Name
カレン本当は生きててカメラで見てるんじゃない?
2022/02/02 05:4593返信9件
No Name
明奈もおかしいよね。形見分けと言いながら、売りに出しても大丈夫ですとお願いするクラブのなら、自分で誰かに業者とかに依頼して売却処分すればいいし。
だいたい遺書に明記されていたのかも疑わしい。何か魂胆があるのだと思う。安易に引き受けた玲香も罰が当たりそう。
2022/02/02 05:3768返信5件
No Name
玲香、最低!
しかも彼氏居たの?それなら少なくとも形見分け引き受ける前に、彼氏に相談すればよかったしねぇ。
2022/02/02 05:3837返信4件
No Name
作り話が過ぎるし、皆ひどいな。
2022/02/02 05:4030返信2件
もっと見る ( 67 件 )

【ゴシップな女ー嫌われ者のカレンが死んだー】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo