男女上京ヒストリー~12年目の悲哀~ Vol.3

初めての昼デート。待ち合わせ早々、彼女がバッグから取り出した“予想外のモノ”に、男は唖然とし…

「あの頃の自分が思い描いていたオトナに、ちゃんとなれてる?」

高校卒業から12年。

これは様々な想いを抱えて上京してきた、男女の物語だ。

恋に仕事に、結婚に。

夢と現実の狭間でもがく30歳の彼らが、導き出した人生の答えとは?

▶前回:深夜の西麻布で、ぼんやりと信号待ちをしていたら…。女がいきなり顔を引きつらせ、凍り付いたワケ


山中浩二、30歳。エリート商社マンの秘密


「ねぇ、いつ結婚してくれるの?」

六本木にある、タワーマンションの一室。僕の腕に絡みつきながら、恋人の葉子が甘い声で囁いた。

「あ、あぁ…。ちゃんと、考えてるからさ」

彼女は「煮え切らないなぁ」と言って背中を向け、いつものようにInstagramをチェックし始めた。

「今日のフレンチ美味しかったね!来週のデートはここ行きたい♡」

葉子のスマホ画面には『ガストロノミー ジョエル・ロブション』の前でポーズをとる、女性の写真が映し出されている。

「30歳までにロブションへ連れて行ってもらえたら、いい女なんだって~」

今年30歳になる彼女は、僕に抱きついて上目遣いでこちらを見つめてくる。

新卒で商社に入った僕。そこで受付嬢をしていた葉子は、自分にとって高嶺の花だった。仕事にかこつけて何度も食事へ誘ったが、彼女はなびかなかったのだ。

それなのに1年前、突然葉子のほうから連絡が来た。

葉子:浩二くん!エリア別営業成績、トップだったんでしょ?おめでとう~!

それから週末のデートを重ね、半年ほど前から付き合うことになったのだった。

「ねぇ、私の話聞いてる?まだ寝ないでよ!」

寝落ちしかけていた僕を、彼女が揺り起こしてくる。

「ごめん、疲れてて。ちょっと寝かせてくれないかな」

「…ひどい。昨日もすぐ寝ちゃったじゃん!」

葉子は立ち上がり、しなやかな身体をワンピースに通すと「もういい!別れる!」と叫んで、部屋を出て行ってしまった。

追いかけることは、しなかった。むしろどこかホッとしている自分がいる。ここ最近、彼女といると心が休まらないのだ。

しばらくして、葉子に謝罪のメッセージを打とうとスマホを開く。すると、ある女性から1通のLINEが届いていたことに気づいた。

この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
大和は俺のせいで…ってそういうことだったのね。でも、何か事件性がありそう。18にもなっていきなり海に落ちるか?
本当にそうだよ。
2022/08/09 05:1680返信3件
No Name
葉子、ロブションロブションてすごい圧でしたね。
2022/08/09 05:1844返信4件
No Name
葉子はねぇ、結婚の圧をかけ過ぎ。
そんなに迫ったら、仮に良いなぁと思われてもすぐにみんな逃げていっちゃうよ😅

しかしこの後どんな風にこのストーリーが進んでいくのか興味津々。
2022/08/09 05:2642返信1件
No Name
花柄タイトスカートでピクニック…?
2022/08/09 06:5930
No Name
タイトルがまた大袈裟!
予想外のものに唖然としたとかさぁ…
2022/08/09 07:1423返信4件
もっと見る ( 29 件 )

【男女上京ヒストリー~12年目の悲哀~】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo