30歳を過ぎても Vol.1

30歳を過ぎても:「生活水準は下げられない」港区にしがみつく32歳女が、副業先のバーで流した涙

「30.5」

これは、東京における女性の平均初婚年齢。

多くの女性が、その年齢までに結婚をと、自分の道を決めていく。

一方で、「30過ぎてまで、何やってるの?」と言われてしまうような、どうしようもない恋愛から抜け出せない人がいるのも事実。

他人には言えない心の葛藤、男女の関係――。

30歳を過ぎた。でも私は、やめられない。

少し痛いけれど、これが東京で生きる女のリアルなのだから。


Vol.1 優里亜、32歳。彼女はなぜ、この恋愛にしがみつくのか?


「優里亜ちゃん、やっと彼女になってくれたね~!待ちくたびれたよ」

今日は山本との初めてのデート。

彼は、都内3ヶ所でメンタルクリニックを経営している医師で、年齢は51歳。

私が働いている銀座8丁目の会員制バーに3ヶ月前に初来店し、そこから週1で私のことを口説いてきた男だ。

私たちは、麻布十番にある完全会員制の『鮓 ふじなが』に来ていた。

久しぶりの高級寿司は、感動的に美味しいし、特別感のある空間と雰囲気にもテンションが上がる。

― はぁ、これこれ。やっぱりこういう生活が私には合ってるわ。

私は、一貫一貫しみじみと味わった。

「そういえば、優里亜ちゃんの家って、この辺だよね?」
「うん。南麻布だよ」
「もし僕が家賃出してあげるって言ったら、銀座のお店、辞めてくれる?」

― おっ?キタキタ…!

私はこれを待っていた。別に好き好んで51歳の年上男と付き合いたいわけではないのだ。

「あ~やっぱり、銀座のお店で働いているのとかって嫌だよね。じゃあ、山本さんのために辞めちゃおうかな」

そう言った途端に、山本は目尻にシワを作りながら、満面の笑みをこちらに向けた。

この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
田園調布に実家がある子は、こんな田舎者根性ないから、設定が無理過ぎる。
2022/08/06 05:2699+
No Name
田園調布で生まれ育っただけれど自分の力で生きていこうと実家を出たところはよかったけどね…
2022/08/06 05:3971返信7件
No Name
優里亜、どうしてだろう?東カレ小説によく登場する玉の輿に乗ってやろうと思う頭悪い女性達よりも嫌悪感が少なく、応援したいような気持ちになった。 きちんと実家を出て一人暮らしして昼間事務員の仕事と夜とダブルワークで稼いでいて、32歳自分を客観視出来ている。きっと家賃援助してもらおうと思ったの初めてなのかなって…。
2022/08/06 05:5269返信4件
No Name
なかなかたくましいね。
ただ、実家に戻って、親から誰か紹介してもらって結婚でもした方が幸せになれるんじゃない?
いや、この子にとったらそんなこと幸せじゃないか😅
2022/08/06 06:0532返信1件
No Name
自分の力で幸せにならなければ、なんの意味もないって親の力ではないけど、裕福な男の力を使って贅沢して幸せになりたいんだよね?
自分の力じゃなくない?
貢いでもらう美貌とコミュ力が自分の力って考えてるなら違うと思う。
2022/08/06 05:1925返信2件
もっと見る ( 40 件 )

【30歳を過ぎても】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo