プロ夫婦~作られた輝き~ Vol.2

「奥様には内緒で…」28歳ハウスキーパーの誘い。妻の留守中に、夫がとった行動とは

誰もが憧れる「理想の夫婦」など、本当に存在するのだろうか。

雑誌から抜け出したかのような、美男美女。

豪邸に住み、家事や子育てはプロであるハウスキーパーに任せ、夫婦だけのプライベートタイムを満喫する。

そんな理想の夫婦のカタチを追求し、実現させているふたりがいる。

世間は、華やかな暮らしを送るふたりを「プロ夫婦」と形容し、羨望のまなざしを送っている。

法律上の契約を不要と語り、「事実婚」というスタイルをとる、ふたりの行く末とは?


◆これまでのあらすじ

カメラマンの慎一と、会社経営者の美加は、事実婚のカップル。『互いに自立し高めあう新しい夫婦』として自己プロデュースに励む日々だが、ある日、慎一の元にハウスキーパーの里実から怪しいメールがあり…。

▶前回:「今日も綺麗なボクの相方」熱愛をアピールするインフルエンサー夫婦。だが、その裏では…


Vol.2 ハウスキーパー里実の存在


代々木公園からほど近い、低層マンションのペントハウス。

慎一と美加が住むこの家には、週3日来てくれるハウスキーパーの江間里実がいる。

家の中のことは、すべて里実がこなす。掃除はもちろん、洗濯や買い物、食事の作り置きに至るまで。

2年ほど前からこの家で働く彼女はまだ28歳だが、この道に入って既に10年近く経つというベテランだ。

「高校を中退して、人並みの能力といったら家事しかないので…」

顔合わせのときの、里実のセリフだ。

パサパサした黒髪に、ほぼすっぴんの肌、処理しきれていない鼻下の産毛。年齢の割に皺が目立ち、手荒れもし放題。爪もネイルアートとは無縁の短さに切ってある。

加えて、おどおどした態度に、コミュニケーション能力が低そうな雰囲気を感じ、思わず慎一はたじろいだ。

今までの人生で、関わったことがないタイプの女性だったからだ。

「写真に収めたとしても一切“映えない”女だ」と、慎一は思った。

しかし、美加は彼女に対して違う印象を持った。

「見た?あれは毎日家事をする人の手よ」

美加は、里実との顔合わせをしたその晩、ドレッサーの前でドゥ・ラ・メールのハンドクリームで丁寧に自身の指先をケアしながら語った。

さすが、企業経営者として何人もの人材を見てきた美加。

その眼力の通り、里実は我が家に入るなり、時間内ですべての家事を完璧にこなし、即戦力として能力を発揮する。

コミュニケーションに難ありと思いきや、アニメに造詣が深い彼女に、小学低学年の娘・華もすぐになついた。

慎一とも次第に打ち解け、日常会話ができる関係になっていた。

プロのハウスキーパーとして、欠かせない空気のような存在の彼女。

だが最近、彼女の態度が明らかに変化しているのを、慎一は感じている。

この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
『自分にアプローチをするささくれと皺だらけの手を持つ女。』

この文章、やだなぁ。
ビジネス関係の境界を越えてくることに嫌悪感を持つならまだしも、家事してる手をそんなにディスならなくてもいいのに。。
2022/07/20 05:0992返信6件
No Name
美加、お世話になっている家政婦さんに、オススメのハンドクリーム一つでもプレゼントしてあげればよくない?手をあんな風にディスるなんて…。読んでて嫌な気分になったわ。慎一もキモいよ。美しい手を持つ女性が自分にふさわしいとか…。
2022/07/20 05:5177返信1件
No Name
美加ってバカ? お手伝いさんの手を見て、あれは毎日家事をする人の手よ!って、当たり前じゃない?仕事だし。何言ってんの😂
2022/07/20 05:3261返信4件
No Name
この夫婦、なんか無理。二人とも人を小馬鹿にして喜ぶみたいな…性格悪いんだなぁと。
もう続きを読む気が失せた。
2022/07/20 05:3043返信3件
No Name
フィオレンティーナは開放的な雰囲気のレストランだけど、一応ホテルの中にあるのだから、ピッツァもナイフとフォークで食べる方がエレガントだけどなぁ…!マルゲリータを手に取りオイルのついた指をペロリと舐める美加。お里が知れた。
2022/07/20 05:4140返信3件
もっと見る ( 29 件 )

【プロ夫婦~作られた輝き~】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo