プロ夫婦~作られた輝き~ Vol.1

プロ夫婦:1度結婚に失敗した女が次に選んだのは、収入も年齢も下の男。彼とだったら、理想の家庭が…

誰もが憧れる「理想の夫婦」など、本当に存在するのだろうか。

雑誌から抜け出したかのような、美男美女。

豪邸に住み、家事や子育てはプロであるハウスキーパーに任せ、夫婦だけのプライベートタイムを満喫する。

そんな理想の夫婦のカタチを追求し、実現させているふたりがいる。

世間は、華やかな暮らしを送るふたりを「プロ夫婦」と形容し、羨望のまなざしを送っている。

法律上の契約を不要と語り、「事実婚」というスタイルをとる、ふたりの行く末とは?


Vol.1 理想の夫婦


「私の顔、見すぎじゃない?」

妻にそう言われて、慎一は、すぐ目を逸らす。

― 今日も綺麗だな。チクショウ…。

フォトグラファーの森谷慎一は、愛する妻と過ごすその時間が、なによりも至福の時だった。

慎一と妻の美加は、“デートタイム”と銘打って、週に1回ふたりきりで出かけることに決めている。

5月にもかかわらず、照り付ける太陽が真夏のようなある日。

家からも近く、心地よい雰囲気あふれる代々木上原のイタリアン『カーサ ヴェッキア』にふたりはいた。

「うん!おいしい!」

目の前にいる妻・結城美加はメインディッシュである「カジキマグロのソテー」の味わいを、満面の笑みで表現している。

慎一は、彼女のぽってりとした唇に吸い込まれていく食べ物にさえも嫉妬していた。

美加は、慎一より5歳年上の35歳。早稲田大学を卒業後、大手企業を渡り歩き、ヘッドハンティングされ、現在は新興人材派遣企業の代表をしている。

公私ともに輝く姿は、女性雑誌の目にも留まり、現在は人気読者モデルとしても活躍。慎一にとって自慢の妻だ。

出会いは3年前。

バツイチのシングルマザーでありながらも、自身の数倍の年収を稼ぎ、奔放に生きている彼女に、慎一はすぐ心を奪われた。

その頃から今に至るまで、気持ちは変わらないばかりか、想いは増すばかりだ。

慎一は、その想いを行動に移すように、自分のカメラを構え何気ない美加の表情を切り取った。

「もう…」

写真を生業とする夫の日常行為に、美加はやれやれといった表情だ。

ラブラブな夫婦、そのもののふたり。

誰が見ても、疑う余地は、一切ない。

この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
彼女のぽってりとした唇に吸い込まれていく食べ物にさえも嫉妬していた

品のない表現....
2022/07/13 05:2868返信6件
No Name
なんか...まだ分からないけど、これ「マンスプ男」連載と同じ書き手さん臭がプンプンする、笑。
似たような、意味不明でぶっ飛んだ内容にはなりませんように〜。
2022/07/13 05:3756返信9件
No Name
多様性ね…
今後の展開に期待したいけれど…
ちょっと回りくどい表現が多かったり、一分が長過ぎる、修飾語が多いetc…, その辺り改善されれば良いと思いました。
2022/07/13 05:3338返信4件
No Name
お手伝いさんが何か見つけたのかな? 美加が浮気してるような証拠とか。
2022/07/13 05:2824返信4件
No Name
慎一と里実は不倫関係
2022/07/13 05:4522
もっと見る ( 80 件 )

【プロ夫婦~作られた輝き~】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo