年収8ケタの女 Vol.3

年収1,000万・製薬会社勤務の28歳女。決意して結婚相談所に入会するが、相談員の男に思わず…?

年収“8ケタ”(1,000万円以上)を稼ぐ女性たち。

給与所得者に限っていえば、年収8ケタを超える女性の給与所得者は1%ほど。(「令和2年分 民間給与実態統計調査」より)

彼女たちは仕事で大きなプレッシャーと戦いながらも、超高年収を稼ぐために努力を欠かすことはない。

だが、彼女たちもまた“女性としての悩み”を抱えながら、日々の生活を送っているのだ。

稼ぐ強さを持つ女性ゆえの悩みを、紐解いていこう――。

▶前回:年収1,200万円・商社勤務の36歳女。週末の韓国弾丸旅行の代わりに見つけた“新しい目標”とは?


File3. 亜紀、年収1,000万円。製薬会社の研究員が欲しいもの


― 今日は新薬開発の実験計画書のレビューだわ。再レビューにならなければいいけれど…。

朝、目覚めて早々にこんなことを考えながら、亜紀はベッドから出て洗面台に向かう。

「ホント、我ながら何て薄い顔なのかしら…」

洗面台で顔を洗いながら、思わずつぶやいてしまう。

亜紀は、新卒で入社した製薬会社の研究員として働いている。仕事柄、ほぼノーメイクが原則。ネイルなどもちろんNGだ。

「ホントは私だって、もっとメイクしてキレイにしたいのに…」

以前は、この顔立ちをさらに悪目立ちさせてしまう薄化粧で、電車に乗るのが苦痛で仕方なかったのだ。

コロナ禍の今は、自分の薄い顔をマスクが覆ってくれることが、心底ありがたいと思っているほどだった。



亜紀が就職活動で製薬会社への入社を決めたのは、大きな理由がある。

それは、一定のニーズが常にある職種のため、高年収が約束されていること。

製薬会社の研究職は毎年高倍率だが、理系の大学院を優秀な成績で卒業した亜紀は、その狭き門をくぐり抜けて入社することができた。

もちろん、製薬会社の研究職として働くにあたっては、トップレベルの医学・薬学・理化学の知識が求められる。最新の情報を集めながら、通常業務と並行して研究活動をしていくことも必須だ。

でも、その仕事で得られる充実感と高年収と比べれば、そんな努力など当たり前だと亜紀は考えていた。

この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
で、どうするの?柏木に惚れてしまいそうになるも、苦笑いした。
それだけか???
2022/06/24 05:2294返信7件
No Name
オ、オチがない…

ライターさん締め切り間に合わなかった?
2022/06/24 05:3673
No Name
このライターさんの文章は、本当に読みにくいですね! ん…?と思う箇所が多い。

ある程度であった男性を冷静に判断できるように
とか、
最後の、惚れてしまいそうになるの思い止まり?
🤣 分かるけど、多分思い留まりかな。
2022/06/24 05:2570返信7件
No Name
内容が薄っぺら過ぎて…
2022/06/24 05:2949返信5件
No Name
メイクなど職業柄制限されているのは分かったけど、プライベートではもう少し垢抜けるようにファッション等含め色々研究してみても良いのではないでしょうか?お食事会行っても、男性からのお誘い皆無って、さすがに。
2022/06/24 05:2819返信2件
もっと見る ( 71 件 )

【年収8ケタの女】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo