港区夫妻のトラブル事例 Vol.4

美人じゃない“夜の女”に、夫がハマッた…。35歳妻が探偵をつけて女の素性を調べると驚きの事実が…

何不自由ない生活を送っているように見える、港区のアッパー層たち。

だが、どんな恵まれた人間にも小さな不満はある。小さな諍いが火種となり、後に思いがけないトラブルを招く場合も…。

しがらみの多い彼らだからこそ、問題が複雑化し、被害も大きくなりやすいのだ。

誰しもひとつは抱えているであろう、“人には言えないトラブルの火種”を、実際の事例から見てみよう。

記事最後には弁護士からのアドバイスも掲載!

▶前回:サウナにハマって痩せたら、若い女性が寄ってきて…。婚前契約を結んだのに浮気した男の末路


Vol.4 ホステスとの情事の代償

■登場人物
・妻=奈央(35)WEBディレクター
・夫=裕介(40)コンテンツ制作会社役員
・ワカバ(23)六本木のクラブホステス
・諒太(6)&大志(4)夫妻の子ども
妻の奈央が、探偵に夫の浮気調査を依頼。ホステスとの不倫が明らかになり、慰謝料請求を決意する。


「本当にこの女性なんですか…?」

奈央はタブレットを手に取り、画面に映った女性を訝しむように見つめながら尋ねた。

向かいに座る男性が、「間違いありません」とうなずく。

奈央は、探偵事務所に、夫である裕介の浮気調査を依頼し、その結果を聞きに来ていた。

普段から裕介は、オフィスのある六本木、西麻布界隈で飲食をし、深夜に帰宅することが多かったが、特に最近その頻度が増えていたため疑いの目を向けたのだった。

相手は、裕介が通っているクラブのホステスで“ワカバ”という女性。

探偵は再度タブレットを開いて六本木にあるクラブのホームページを表示させた。キャスト一覧を開いて、ワカバの顔を奈央に見せる。

ワカバは、凹凸の少ないのっぺりとした薄い顔をしていて、どこか田舎臭さを感じさせた。

どうにも腑に落ちない。

裕介が結婚前に交際していた女性を何人か知っているが、誰もが皆、目鼻立ちの整った、キリッとした美人だった。それ故、ワカバのようなタイプに入れ上げるとは到底思えなかったのだ。

― なんでこんな女に…。

自分がこのレベルの女性に負けたことが悔しく、とても腹が立つ。

同時に、もしかしたら写真では伝わらない魅力を秘めているのかもしれない、という思いに駆られ、会って確かめてみたくなった。

この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
妻の気持ちも分からなくはないけれど、二度と同じ過ちを繰り返させないためにワカバから慰謝料取るのがけじめ? ではない気がする。一番悪いのは夫だよね。
2022/06/26 05:2777返信9件
No Name
これ、悪いのはワカバじゃなくて、旦那じゃないの…?
2022/06/26 06:0963
No Name
エイベックスのあの方が、問題のYouTube で六本木のクラブにはブスしかいないとか言ってたのを思い出してしまった。
2022/06/26 05:3135返信1件
No Name
子供はルッコラとトレビスは食べない。
2022/06/26 10:0023返信1件
No Name
学費払ってもらってるならホステス続けなくてよくないか?
2022/06/26 05:5919
もっと見る ( 20 件 )

【港区夫妻のトラブル事例】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo