港区夫妻のトラブル事例 Vol.3

サウナにハマって痩せたら、若い女性が寄ってきて…。婚前契約を結んだのに浮気した男の末路

何不自由ない生活を送っているように見える、港区のアッパー層たち。

だが、どんな恵まれた人間にも小さな不満はある。小さな諍いが火種となり、後に思いがけないトラブルを招く場合も…。

しがらみの多い彼らだからこそ、問題が複雑化し、被害も大きくなりやすいのだ。

誰しもひとつは抱えているであろう、“人には言えないトラブルの火種”を、実際の事例から見てみよう。

記事最後には弁護士からのアドバイスも掲載!

▶前回:「パパ似の低い鼻は、ママが治してあげるね」美容外科医の妻が子どもに放った一言に夫がキレて…


Vol.3 愛をはかる婚前契約

■登場人物
・夫=水嶋俊雄(38)ゲーム会社勤務
・妻=智咲(30)大手建設会社広報
・知人=黒田(54)アメリカで起業した経営者


「結婚生活はうまくいってるかい?」

黒田に尋ねられ、俊雄は重い口を開いた。

「実は、離婚を考えていまして…」

3年ぶりの再会であり、ほかに積もる話もあったが、避けられない話題である。

俊雄はリクライニングチェアに深く腰掛けると、「はぁ…」と深く息をついた。それはいつもの“ととのう”感覚による爽快感を伴った吐息ではない。

「何か飲みに行きませんか?」

俊雄が声をかけ、2人はガウンを羽織ってラウンジに向かった。カウンターでドリンクを注文し、ソファに腰を下ろす。

黒田とは、5年ほど前に友人の紹介で知り合い、不動産運用についてのアドバイスをもらった。俊雄にサウナの良さを教えてくれた人物でもあり、このプライベートサウナの紹介者でもある。

黒田はその後、アメリカで起業して成功をおさめた。たまに日本に帰って来ていたが、今回はタイミングが合いサウナに誘われたのだ。

「確か、前回会ったときは、まだ結婚前だったよねぇ…?」

ちょうど3年前のその頃は入籍直前で、当然のごとく別れる気配など微塵もなかった。むしろ、俊雄は惚気とも取れるほどの不安を口にしていたのだ。

妻となる智咲が美人だったため、すぐに浮気をされてしまうのではないか…。本当は、自分の財産目的なのではないか…と、気が気ではなかった。

そんな俊雄に、当時黒田はある言葉を口にする。

「婚前契約って知っているかい?」

この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
200万円しか払えない事に申し訳なさをって、本気でそれで済むと思っていたらおめでたいよね。ガッツリ慰謝料取られなさい。
2022/06/19 05:3598返信8件
No Name
そもそも、親からの贈与や相続によって得た財産は、夫婦の共有財産には当たらないですよね?
2022/06/19 05:3353返信3件
No Name
慰謝料はもちろん払ってもらうにしても、問題は財産分与ですよね。
2022/06/19 05:3033返信1件
No Name
サウナだけでは痩せません!
2022/06/19 08:3324返信1件
No Name
浮気(不貞行為)の慰謝料相場は50万から200万程度、婚姻期間が長ければもう少し高額で請求出来るかもですが....モメるのは財産分与ですかね〜。
2022/06/19 05:4520返信6件
もっと見る ( 31 件 )

【港区夫妻のトラブル事例】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo