孤独な男と女のあいだに Vol.3

「このアイコンって…」26歳日系CAが、彼氏のLINEポップアップを見て衝撃をうけたワケ

東京で生きる、孤独な男女。

彼らにそっと寄り添い、時には人生を変えてくれるモノがある。

ワインだ。

時を経て熟成される1本は、仕事や恋、生き方に日々奮闘する私たちに、解を導いてくれる。

これは、ワインでつながる男女のストーリー。

▶前回:週末にお泊まりデートしても早朝に帰る男。仕事だと言い訳するが、彼女に隠れて何を…


Vol.3 裏切りの後に


〈プロフィール〉
名前:琴子(26)
経歴:日系客室乗務員
住所:港区高輪

「よかったじゃん、琴子!そんな素敵な人に出会えたなんて。私もその食事会、参加したかったなぁ」

日曜日の昼下がり。

CA同期の沙羅と琴子は、けやき坂通りの『Bricolage bread & co.』でランチを楽しんでいる。

琴子は、食事会で出会った男性と最近付き合い始めた、という報告を済ませたばかり。彼は2歳年上の28歳。大手証券会社に勤めていて、斎藤工似のイケメンだ。

「あっ、噂をすれば、康則からLINEだ」

会話の合間に携帯を見て、にやけてしまう琴子。その様子を見て、沙羅が身を乗り出してくる。

「ねぇ、今日これから彼と会うんでしょ?イケメン彼氏、見てみた~い!」

「康則、近くで時間つぶしているみたいだから、呼んでみようか」

琴子は彼氏を自慢したい気持ちを抑え切れず、康則を呼び出すことにした。

数十分後、康則がいつも通り爽やかな姿で登場した。

「わ、本当にかっこいい…」

自分の彼氏を褒められた琴子は、内心鼻高々だった。

「沙羅ちゃん、初めまして。琴子から聞いていたけど、美人さんですね」

自然に褒め言葉が出てくる康則。

そして2人は、同じ石川県出身という共通点もあり、琴子の知らない“地元ネタ“で盛り上がり始めた。

話に入れない琴子は、若干の嫉妬心を覚えるが『女性の扱いがスマートなところも、私の好きなところ』と自分に言い聞かせていた。

この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
礼美さん、ステキな女性だし優しい先輩ですね。ワインのセレクトも。
2022/06/06 05:2095返信2件
No Name
礼美さん素敵な先輩だな~こんな粋な励まし方されたらがんばろうって思えるし、ワイン勉強したくなる気持ち分かる!
2022/06/06 05:2272
No Name
裏切りを乗り越えて立ち上がる、そんなワインがある事に驚き。そしてワインの感想に正解も不正解もない、そう言ってくれる人がいるとワインも安心して楽しめるね。
2022/06/06 05:2870
No Name
もとCAです。この手の男性は多いです。CA狙いは特に、一人と付き合えると俺イケるって勘違いして、勲章みたいに手を出すんです。わたしの周りでも、元彼や別れてないのに口説かれたなんてザラでした。友人の彼に口説かれるほど気持ちの悪いことはないです。そしてソムリエ。少し趣向を変えると野菜ソムリエや、マナー講師になるのも王道。
2022/06/06 05:2436返信2件
No Name
見世物じゃないんだから、自分の彼氏を、「見てみた~い」なんて言う失礼なやつはろくな人間ではないと気づけ。
良識のある人間は「いつか紹介してくれるの楽しみにしてる」「そのうち会わせてね」というような言い方すると思う。
2022/06/06 08:1033返信4件
もっと見る ( 41 件 )

【孤独な男と女のあいだに】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo