トラップ~嵌められた男と女~ Vol.4

お泊まりデートの当日、彼が待ち合わせ場所に現れなかった…。女が後から知った、酷すぎる理由

恋に落ちると、理性や常識を失ってしまう。

盲目状態になると、人はときに信じられない行動に出てしまうものなのだ。

だからあなたもどうか、引っ掛かることのないように…。

恋に狂った彼らのトラップに。

▶前回:早朝6時、年下彼女から突然の着信が…。電話口ですすり泣きながら懇願された、まさかの内容とは


2012年 3月29日


「友美さん、僕と付き合ってくれませんか」

世田谷線山下駅の近くにある小さなカフェで、竜人は切れ長の目を潤ませながら、そう言った。

社会人1年目で同い年だという彼は、半年前、ここで本を読んでいた私に声を掛けてきた。読書好きという共通点があった私たちは意気投合し、週末には同じ席で待ち合わせるようになったのだ。

そして23歳の誕生日に、とうとう彼から告白されたのだった。

「嬉しい。私も竜人さんが好き。ただ1つだけ、言っておかなきゃいけないことがあって…。私、外泊禁止なの。母との約束で、22時までには帰らないといけなくて」

私の母は、電車の中吊り広告で見ない日はない、エステグループの経営者だ。

プライベートでは結婚と離婚を繰り返し、私は2人目の夫との間にできた1人娘。三宿通りから1本道路を挟んだところにある、母子2人には広すぎる“脱毛御殿”で育った。

「男のせいでひどい目にあった」と語る母は、自分が認めた相手と結婚するまで、私が家を出ることを許さなかった。さらに30歳まで結婚してはいけないと、ありえない約束までさせていたのだ。

そんな話を、竜人は嫌がらずに最後まで聞いてくれた。

― 告白されただけなのに、結婚の話までしちゃった。引かれたかな…。

しかし竜人から飛び出したのは、思いもよらない言葉だった。

「じゃあ7年後の今日、結婚しよっか!30歳の誕生日に、このカフェでプロポーズする!」

そう言ってくれた彼の言葉が、本当に嬉しかった。

…だけど、その数ヶ月後。竜人は私の前から姿を消したのだ。さよならも言わずに。

この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
パートに出て働けばいいんじゃない? お給料が低くても本当に好きな人と結婚してその人との子供を授かったのだし、もっと幸せだと思っていいのにね。 現実の世界では、めでたしめでたしになっても、その先があるから。
2022/03/29 05:3285返信11件
No Name
母親は毒親だけど、友美にも毒が染み付いてそう。
「お父さんみたいになっちゃう」は子供には絶対言っちゃいけない言葉だし、「あなたのためを思って言ってるの」はもう染み付いてるね。
2022/03/29 05:1882
No Name
別れさせたのは母親だと直ぐに分かったね。
2022/03/29 05:2671返信1件
No Name
お金ないと「めでたしめでたし」にはならないのが現実。でもいずれ遺産が入るからいいよね。孫娘会わせたら会社で働かせてくれるかもしれないし。
2022/03/29 05:2343返信1件
No Name
自分の子供に対しては、嫌いな母とは真逆の接し方をする人も多いけどねぇ。
自立した人にならないと、お父さんみたいになっちゃうよって… それはちょっとさすがに言っちゃっダメだなぁ。
2022/03/29 05:2938返信2件
もっと見る ( 44 件 )

【トラップ~嵌められた男と女~】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo