Age33~分岐点の女たち~ Vol.5

「これなら自分で買えるんだけど…」50万円のプレゼントを贈られた32歳女が、本当に欲しかったモノ

女にとって、33歳とは……。

32歳までの“20代の延長戦”が終わり、30代という現実に向き合い始める年齢だ。

結婚、キャリア、人間関係―

これは、33歳を意識する女たちが、それぞれの課題に向かって奮闘する2話完結の物語だ。

▶前回:「私の市場価値って、こんなもの?」年収750万・31歳女が、転職活動で突きつけられた現実


33歳までに“彼”がほしい女・杉下瑞穂(32歳)【前編】


金曜21時。大手食品メーカーの相模原研究所。

私以外の社員は、もう退社してしまったので、執務室には私しかいない。

― 最近、仕事量ヤバいよ……。

昨年に同僚の1人が販売促進部に異動になったけれど、欠員補充されないせいで業務負荷は増えるばかりだ。1浪かつ大学院卒の私は......


この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
不倫で6年て…長いね。結婚したいなら今すぐ桂木さん切ったほうがいいけど。
2022/02/19 05:1599+返信2件
No Name
不倫は最低だよ。しかも6年って桂木は離婚する気ないよこれ。今回の返事を機に、別れるべき。
2022/02/19 05:2199+
No Name
分かったなら引っ越ししなさい!
2022/02/19 06:2369
No Name
桂木さんがくれた誕生日のプレゼントは、結婚してあげられないお詫びのようにも思えるね。
来年までに結婚したいと言われたなら、もう瑞穂をリリースしてあげてもいいのに....
2022/02/19 06:4949返信1件
No Name
お店の子みたいな感覚なんだろうね。
2022/02/19 06:2130返信4件
もっと見る ( 35 件 )

【Age33~分岐点の女たち~】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo