御曹司に恋はムズかしい Vol.12

彼と毎日LINEをするのに、告白はおあずけ。恋愛は女任せなおぼっちゃまの本音とは?

お金持ちは、モテる。ゆえに、クセが強いのもまた事実である。

そして、極上のお金持ちは世襲が多く、一般家庭では考えられないことが“常識”となっている。

“御曹司”と呼ばれる彼らは、結果として、普通では考えられない価値観を持っているのだ。

これは、お金持ちの子息たちの、知られざる恋愛の本音に迫ったストーリー。

▶前回:イケメン御曹司とデート中に女がフリーズ。彼のLINEアイコンは“あの人”とのツーショットだった…


由利子(30)「彼は一体、何を求めているのだろうか」


最近の私の楽しみ。それは、韓流ドラマを流しながら電話をすること。

日付が変わった時刻から1時くらいまで、友達以上恋人未満の彼と話をする。内容は、他愛のない会話ばかりだ。

最近、日々の些細な出来事も笑えるようになったのは、彼のおかげだと思っている。

かなり親密な関係のはずなのに…。彼からの告白は、まだおあずけだ。

私は公認会計士として、ある大手監査法人に勤務している。学生時代に予備校へ通い、努力して資格を取った。

性分か職業ゆえか…どちらかはわからないが、生真面目な性格なのだ。

おそらく、普通の女性であれば、自分からお付き合いのきっかけを作ることができるだろう。

しかし、私は違う。勉強ばかりしていたからか、恋愛のやり方がわからないのだ。

仲の良い友人たちからも「由利子はとにかく真面目で、数字と結果がすべて。論理的でない思考が嫌いだよね」などと、よく言われる。

確かに、その通りなのかもしれない。

だから、明確なゴールが見えない恋愛に対して、モヤモヤしている自分がとにかく嫌なのだ。

【御曹司に恋はムズかしい】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo