私の年下くん Vol.4

33歳女がひと回り年下男の告白をスルーしようとしたら、グイグイ押され…

女にとって、経験豊富な年上男性は魅力的に映る。

だが、その魅力ゆえこだわりの強いタイプが多く、女は年を重ねていくうちに気づくのだ。

― 頑張って彼に合わせるの、もうしんどい…。

年上ばかり選んできた女が、自然体でいられる相手は一体どんなタイプの男なのだろうか?

これは、アラサー独身女がこれまでの恋愛観をアップデートする物語。

◆これまでのあらすじ

多佳子はテレビ局のスポーツ部に務める33歳。デートの帰り道、弟みたいに思っていたひと回り年下の颯に、突然「俺たちって付き合ってるんだよね?」と聞かれる。多佳子は、話をごまかそうとするが…。

▶前回:年下男に突然手を握られ「俺たち付き合ってるんだよね?」と言われて…。素直になれない33歳女の反応は


Vol.4 本気になった年下くんの行動力


広尾駅すぐ近くの路上。

私のわざとらしいリアクションに、颯はぼうぜんと立ち尽くしていた。

鋭い視線はそのままだが、私に振り払われた手は行き場をなくして宙ぶらりんになっている。

少しの沈黙のあと、彼はみるみる赤くなっていく顔を両手で覆いながら、小さな声でつぶやいた。

「えっ、まじで!?ちょっと俺、恥ずかしいんだけど…うわー…」

― まずい、失敗したかも…!

私は瞬時にそう思った。

彼とは出会ってから3週間。会うのだってこれで2回目だ。

いくら毎日連絡を取っているとはいっても、住んでいる場所もだいぶ離れているし、プロサッカー選手がどういう仕事なのかもまだわからない。

それに、やはり自分が33歳で彼が21歳という年齢差が引っかかる。

だから気まずくならないように、冗談としてこの場を収めたかった。けれど、颯にそんなつもりはないらしい。

「ごめんね、颯くん。でも…あっ、すみません」

言いかけた私に、後ろから通行人がぶつかってきた。

「多佳子さん、ちょっとこっちに来て!」

颯の手が私の背中に回される。意外と男らしい、ゴツゴツとした手。

たった今、告白めいたものをスルーしようとしたばかりなのに、思わずドキッとしてしまう。そんな自分の単純さを振り払うように口を開きかけると、今度は颯がさえぎってきた。

「もう1回聞くけど、俺たち本当に付き合ってないの?」

人通りが少ない路地裏で、私は颯にハッキリと言った。

「うん、私は付き合ってるとは思ってなかった。私たちは、これから友達になる…ところかな?」

“友達”という言葉に考え込むように視線を落とした颯だったが、何かを思いついたのかすぐにいつもの強気な顔に戻った。

続けて、彼はいかにもサッカー選手らしいこんな提案をしてきたのだ。

【私の年下くん】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo