私の年下くん Vol.3

年下男に突然手を握られ「俺たち付き合ってるんだよね?」と言われて…。素直になれない33歳女の反応は

女にとって、経験豊富な年上男性は魅力的に映る。

だが、その魅力ゆえこだわりの強いタイプが多く、女は年を重ねていくうちに気づくのだ。

― 頑張って彼に合わせるの、もうしんどい…。

年上ばかり選んできた女が、自然体でいられる相手は一体どんなタイプの男なのだろうか?

これは、アラサー独身女がこれまでの恋愛観をアップデートする物語。

◆これまでのあらすじ

新たな出会いを求めて、同僚と食事会に参加した多佳子。そこで出会ったのはなんと、ひと回りも年下のプロサッカー選手だった。食事会の途中で、彼から強引に連絡先を聞かれてしまい…。

▶前回:食事会の初対面でにらんできた銀髪の年下男。彼が必死になって女に要求した“お願い”とは?


Vol.3 年下男に揺さぶられる女心


食事会が終わり、恵比寿にあるマンションに帰ってきたのは21時。

あまりお酒が強くなさそうな男性陣に気を使った私は、まだ飲み足りない気分だった。

― 明日は朝早くないし、ワイン開けちゃおうかな。

グラスを用意して、リビングのソファに体を預けて座る。1日の疲れと緊張がゆるむ、至福のひとときだ。

ちょうどそのタイミングで、スマホが鳴った。

『今日はありがとう!また明日、会社で。』

一瞬、颯からのメッセージかと期待したが、送り主は美智子だった。名刺を渡したあと「絶対に連絡するから!」と言った彼の言葉を信じたわけではない。

だが、何のアクションもないと少しガッカリしてしまう。

― やっぱり口だけだったんだ…。まあ、いいか。

赤ワインをグラス2杯飲み終えるころには、気持ちを切り替え、シャワーを浴びてベッドに入った。



翌朝。

静かな部屋に「ピコーン」と、着信音が響く。

鳴ったのは、仕事用のスマホ。会社で何かあったのかと慌てて手に取ると、そこには『おはよう!』のメッセージが届いていた。

― …何これ?誰?

差出人不明のショートメールに起こされた私は、頭から毛布をかぶり、アラームが鳴るまで2度寝しようと決め込む。

すると、すぐに2度目の着信音が鳴った。

【私の年下くん】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo