最終レッスンに間に合えば Vol.9

キャリアか結婚か。すべてが中途半端だった女が選んだ意外すぎる決断とは?

人はパートナーに、同じレベルの人間を選ぶという。

つまり手の届かないような理想の男と付き合いたいのなら、自分を徹底的に磨くしかない。

そう考え、ひたむきに努力を重ねてきた杏奈(25)。

彼女は信じていた。「あるルール」を守れば、いつかきっと最高の男に愛される、と。

今、その思い込みが崩れはじめた。

彼女が最後に見つけた答えとは?

◆これまでのあらすじ

「この人と付き合って自分の価値を証明したい」と感じる光輝という男と、2ヶ月間体の関係を持っていた杏奈。

親友を介して偶然出会った進という男と、会っているうちに、これまで「愛」を履き違えていたことに気づく。

進との交際を決め、順調に1年が経った頃、進の海外赴任が決まる。

一緒についてきて欲しいと言う進に対し、迷い続けた杏奈の決断とは…?

▶︎前回:NY帯同かキャリアかの選択を迫られた女。自分が可愛い女が最後に選ぶのは?


「木内くん、K社のプロジェクトだけど、いつミーティングセッティングできそう?」

部長が後輩の木内くんにかけた言葉にびくっとする。

大きな悩みに未だに答えがでず、ため息がこぼれる毎日。無理やりモチベーションを保ってパソコンに向かっていたときのことだった。

― あのK社......


【最終レッスンに間に合えば】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo