最終レッスンに間に合えば Vol.1

最終レッスンに間に合えば:恋愛依存気味の25歳女が、自分磨きのために週7で行う“ルーチン”とは

人はパートナーに、同じレベルの人間を選ぶという。

つまり手の届かないような理想の男と付き合いたいのなら、自分を徹底的に磨くしかない。

そう考え、ひたむきに努力を重ねる女がいた。

広告代理店に勤務する杏奈(25)。

彼女は信じている。

決して休まず、毎日「あるルール」を守れば、いつかきっと最高の男に愛される、と。


「ん〜」

金曜日の夜。仕事がひと段落し、オフィスでぐっと伸びをする。

珍しくリモートではなく出社日だった今日、まだ20時を回ったばかりなのにオフィスにはほとんど人がいない。

新卒で大手広告代理店に入社して3年目。最近、大きなプロジェクトのリーダーを任命され、息をつく間もなく忙しい日々を過ごしている。

帰り支度を始めていると、デスクのスマホスタンドに置いてあるiPhoneに、通知が届いた。

『光輝:今日会える?』

そのLINEに、一気に胸が高鳴る。

『杏奈:うん。じゃあいつもの時間で』

急いで返信をして、足早にジムへ向かった。

いつもの時間、とはジムのレッスンが終わり、私が最高に"仕上がる"時間のこと。自分に満足できる、つかの間のひとときだ。

光輝とは出会って2ヶ月も経つのに、未だ正式な”彼氏彼女”の関係ではなかった。

自分で立ち上げたスキンケアブランドの会社を経営している光輝はまさに、私にとって理想の男性。私だけじゃなく、きっと、世の中のほとんどの女性にとっても。

だからこそ、常に最高の自分でいなくては、と思う。



「せっかくシャワー浴びたのに、またしっかりメイクするの?」

きっかり1時間のトレーニングを終え、手際よく髪を乾かしメイクする私に、呆れた様子で絵梨花が尋ねた。

ジムには同僚の絵梨花と通っている。同志がいるだけで、モチベーションはかなり維持されるのだ。

「ジムに行ってた、なんて彼に言えないから、あくまで仕事してた感を装いたいの。それに、完璧な自分になるためのこの時間が好きだから」

必死に努力してるなんて思われたくない。ナチュラルボーンなスタイルの良さだと思わせることで、遺伝子レベルで魅力を感じて欲しいのだ。

「私は、すっぴんでサッサと帰って寝まーす」

「はいはい、明日も同じ時間にね」

どれだけ仕事で疲れて早く帰って寝たい日も、週7でジムに行く。これはマイルールだ。

理想の相手を手に入れるまでは絶対に守る、と決めている。

【最終レッスンに間に合えば】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo