オレの、私の、“奢りテク”教えます Vol.1

タマキ

玉木

~奢る店選びの条件~
勉強になる話題の店か、気さくに愉しめる馴染みの店

curated by
中村 貞裕

右上.ホワイトアスパラのムース、コンソメジュレ添え¥2,000。裏ごししたアスパラを生クリームと合わせたオードブル 右下.お野菜のエチュベ¥2,000。全国から取り寄せた季節の野菜を蒸し煮に。レモンと塩のシンプルな味付けでいただく

左上.菜の花の昆布〆 小槍烏賊添え¥2,500。一昼夜昆布で〆た菜の花とボイルした小槍烏賊をオレンジ風味のソースで 左下.メンチカツレツ¥3,200。神戸牛を贅沢に使った人気メニュー。赤ワインが香る酸味の利いたソースが特徴

中村貞裕【トランジットジェネラルオフィス 代表取締役/プロデューサー】

“銀座通”の鎧を与える洗練された和×フレンチ

中村貞裕さんがふたりの男性社員を連れて訪れたのは、カウンター割烹の感覚でフレンチを愉しめる『玉木』。ご主人の玉木裕さんが和洋双方のお店で学んだ結果たどり着いた、“日本人に合うフレンチ”が味わえる。

最初に訪れたときは、銀座という土地柄、緊張したという中村さん。しかし、玉木氏の気さくな人柄もあって、今ではゆったりくつろげるお店になったそう。肩肘をはらずに箸でもいただけるフレンチは“銀座通”を演じるのにも一役買ってくれると彼は言う。

「初めて来たとき、常連の方が裏メニューのナポリタンを食べていたんです。フレンチで出すナポリタンに興味をひかれ、さっそく翌日に頼んでみました。その時、一緒にいた人からは、かなりの食通と思われたんじゃないかな。だって銀座のフレンチで、裏メニューのパスタを注文するわけですから」。

中村貞裕/Sadahiro Nakamura

『bills』をはじめ、『Sign』、『GUCCI CAFE』など、多くのカフェやレストランの運営を手掛けるほか、話題の商業施設のブランディングも手がける

中村さんにとって、別の自分を演出できる貴重なお店でもあるのだそう。「だから、後輩を連れて来たくなっちゃうんですよね」と笑う。

駆け出しの頃は、自身も先輩に何度となく食事を奢ってもらった。それにもかかわらず、食事の後には、先輩たちから「ありがとう」と感謝されるのが常だったという。

「必ず、先輩が一緒に食事したい人を連れて行きました。女の子と呑みたければ女の子、ビジネスのために会いたい人がいるって言われれば、頑張ってセッティングしました」。

ただ、部下にそれを求めているわけではない。「一緒に食事に行くことで、社員の気分転換になったり、新しいビジネスのヒントになってくれれば、それでいいんです」。

一緒に食事を楽しんだ人には、前向きな気持ちになってもらう。それが中村さんの奢りの哲学である。


東カレアプリダウンロードはこちら >

【オレの、私の、“奢りテク”教えます】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ