あのシェフがプラベートで通うレストランガイド Vol.10

アンティカ・トラットリア シュリシュリ

アンティカ・トラットリア シュリシュリ

~トラットリア 築地 パラディーゾ! 久野氏 Recommend~
スタンディングOK のドンチッチョ3 号店

右.短角牛のラグーのペンネ ¥1,600 左.パネッレ ¥600

郷土料理を楽しくカジュアルに

今年3月末に『ドンチッチョ』の3号店がオープンした。シェフ・髙橋健太氏はボローニャ、ヴェネト、ミラノ、サルディーニャなどで6年間、各地の郷土料理を学び帰国。

「イタリアで出会ったシェフの料理や現地で食べた味を再現したい」と、店名にもアンティカと冠し、シチリア料理に加え、郷土色豊かな料理の2つのメニューリストを作った。久野氏も「ドンチッチョらしさがありつつも、これからどんどん彼の勢いが皿にのって出てくる店になるんじゃないかな」と期待大。

また、店の中央には大理石の立ち呑みカウンターを設置。「これに一番気合いを入れたよ」とは『ドンチッチョ』石川シェフ。1杯、1皿だけでもOK。これからつまみメニューも充実。最旬の店からますます目が離せない。

右.“プーリア産”ブラッティーナと上野原野菜のサラダ ¥1,800 左.髙橋健太ボローニャ州を中心に、シチリアなどイタリア各地で6年間修業を積み、帰国後青山『ドンチッチョ』を経て2013年3月現店のシェフに


東カレアプリダウンロードはこちら >

【あのシェフがプラベートで通うレストランガイド】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ