盛りラブ Vol.7

「正直、疲れたな…」最高のデートの翌日に女が思ったある本音とは

「相手にとって完璧な人」でありたい—。

恋をすると、本当の姿をつい隠してしまうことはありませんか。

もっと好かれようとして、自分のスペックを盛ったことはありませんか。

これは、恋するあまり理想の恋人を演じてしまう“背伸び恋愛”の物語。

◆これまでのあらすじ

東京に暮らすズボラ女子・芹奈と、伊勢志摩でワーケーション中の瑛太。2人はついに付き合うことになったが、瑛太は自信のなさをカバーするために、様々なサービスを使って自分をごまかしていた。

▶前回:「絶対に失敗できない!」勝負デートの前日に、男がコッソリ仕込んだ“完璧な計画”とは?


朝、目が覚めると見慣れないカーテンが芹奈の目に入ってきた。

― ん?あ、そうか。瑛太の部屋だ。

カーテンの向こうに広がる37階からの景色。寝返りを打つと横には瑛太がいて、小さな寝息を立て微笑みながら眠っていた。

その可愛い寝顔を見つめ、芹奈は顔をほころばせる。
......


【盛りラブ】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo