「ハラミ」がしみじみ旨い店 Vol.1

この店こそ「ハラミが美味しい焼肉店」の代表!塊肉から滴る肉汁の旨みが格別!

焼肉の定番メニューとして不動の地位を築いた「ハラミ」。

赤身肉のような濃い旨みを感じさせつつ、低カロリーでさっぱりといただける。肉々しいワイルドな食感も独特で、香ばしく焼くことでその真価を発揮する。

ハラミとは、脂少なめ旨み多めな、大人の味を楽しめる部位なのだ。

そんな、今や万人から支持される「ハラミ」だが、そのブームの火付け役として確固たる人気を誇るのが『三宿トラジ』だ。

ハラミを知り尽くした大人からも変わらず愛され続ける逸品を、たっぷりご紹介しよう!


※緊急事態宣言中の状況につき、来店の際には店舗へお問い合わせください。

東京カレンダーアプリのプレミアム会員になれば、発売中の最新号を電子書籍で今すぐご覧いただけます!「東京の焼肉の名店」を完全網羅。アプリのダウンロードはこちらから。

美しい霜降りが入った「外ハラミ」は、あふれる肉汁と上品なコクが特徴

「トラジ焼き」2,860円。塩胡椒で味付けし、焼き上がりにレモンを搾る。そのシンプルな食べさせ方には自信の程がうかがい知れる。上質な脂がのって、独特の旨みもしっかり


一体どれだけの人が『三宿トラジ』でハラミを知り、虜になったのだろう。

1996年の創業時から背中側にある“外ハラミ”を「トラジ焼き」、肋骨側の“内ハラミ”を「サガリ」と称して提供してきた。

この店の主人・蒋 誠一さんこそ、ハラミ人気に火をつけた張本人。

「肉質の良さ、出し方が他と違うから、ハラミ=ウチと言われるようになったんでしょう」

程よい霜降りの「トラジ焼き」は、分厚くスライスして香ばしく焼き、繊維がバラける食感、ほとばしる脂を楽しむ。

小豆色に輝く「内ハラミ」は、繊維質の弾力と深い旨みが特徴

「サガリ」2,860円。中がミディアムレアになるよう、さまざまな大きさの塊にカット。まるで赤身肉のような深い旨みに、ハラミの新しい一面を発見する。本わさびをたっぷりのせて


一方、「サガリ」は「正肉でいうとヒレのよう」で赤身が強く、中をレアで食べさせたいから塊状にカット。

かみ締めると旨みのジュースがあふれ出す。


肉はもちろん黒毛和牛。

原点である実家の焼肉店時代から信頼関係を築く業者から毎日生肉を仕入れ、当日に全て使い切る。

「勘です(笑)」と、ひと皿120〜150gほどを盛り付ける豪傑ぶりも健在だ。

「今はどこもハラミがあるが、いろいろ巡って『やはりここが一番』と戻ってくるお客さんも多い」

その言葉に大きくうなずくだけの説得力が、このハラミにはある。


『レストラン検索』のご利用はこちら>>

塩の他にタレ、ネギ味を用意!


選べる味付けは、塩を含めて3種。

醤油やみりんなどで作り、提供直前に絡めるさっぱり味のタレ、ごま油やニンニクで和えて焼き上がりにのせるネギ味だ。

店主が語るハラミへの並々ならぬこだわり


一頭から外ハラミで約3kg、内ハラミで1.7kg前後しか取れないから、黒毛和牛は争奪戦。

ウチは35年も付き合う業者が無理を聞いてくれるから、新鮮なものを提供できる。



この店の逸品に魅せられて、ハラミにハマったという人は数知れず。

ハラミブームを巻き起こした名店の一皿は、その味わい深さがひと味もふた味も違うのだ!


▶このほか:イチボ、エンピツ、メガネ…厳選した希少部位が味わえる焼肉の名店3選

東カレアプリでは、「本当に美味しい焼肉店」だけ完全網羅!

今月の『東京カレンダー』は、渾身の「焼肉」特集!東京を艶やかに生きる大人は必携の「焼肉バイブル」!

プレミアムサービスなら、その最新号も過去号(約10年分)も、電子書籍で読み放題!レストラン検索機能もついて超便利!
アプリでのご利用はこちらから
※最新版のアプリをダウンロードしてください。

紙版をお求めの方はこちらから

※東京カレンダーは毎月21日頃の発売です。今号は8/20(金)から。



【東カレ読者のリアルな恋愛観を教えてください!】
東京の、厳しい婚活事情をサバイブしている男女の恋愛事情を、今一度調査するべく、緊急アンケートを実施させていただきます。

ぜひ皆さまの「生の声」を沢山お寄せください。皆さまからいただいた内容は、今後のコンテンツ作りの参考にさせていただきます。

以下リンクよりお答えください。
https://questant.jp/q/BIX3GC02

【「ハラミ」がしみじみ旨い店】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo