Uターン女には理由があって Vol.7

無意識で周囲にマウントを取る“最低女”が、仕事も彼氏も失って改心した結果…

東京で暮らしていれば、受けられる恩恵はたくさんある。

流行りのレストランに、話題のエステ。雑誌に載っている可愛い靴やバッグだって、すぐ手に入る。

― 東京こそ、私の生きる場所。これからもずっと。

そう思っていたアラサー女は、突然やってきた“転落人生”で、東京を離れることになり…。

◆これまでのあらすじ

田舎での暮らしにも少しずつなじんできた千佳。興味を持ち始めたマクロビや雑穀の資格を取り、好意を抱いていた地元在住の男・悠斗から告白もされた。

このまま地元での生活を続けるのか、悩んだ末に…?

▶前回:一度も会ったことない男が、朝7時に自宅前までやってきて…?ドアを開けた瞬間、女が息をのんだワケ


「少し会って、話せる時間ある?」

実家のリビングでゴロゴロしていた私は、出版社でお世話になっていた上司からの電話に、思わず飛び起きた。

これは喉から手が出るような、魅力的な仕事があるときの切り出し方だ。

ただ、この上司から任される仕事は、結構な無茶をしなくてはならな......


【Uターン女には理由があって】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo