アイ・ニード・モア〜外資系オンナの欲望〜 Vol.1

アイ・ニード・モア〜外資系オンナの欲望〜:「年収900万なら離婚」自分より低収入の夫をクビにした妻

キャリアが欲しい。名声を得たい。今よりもっとレベルアップしたい。

尽きることのない欲望は、競争の激しい外資系企業では必要不可欠なもの。

しかし、ひとつ扱いを間違えると身を滅ぼしかねないのも、また欲望の持つ一面なのだ。

貪欲に高みを目指す、ハイスペックな外資系オンナたち。

その強さと身を灼くほどの上昇志向を、あなたは今日、目撃する──

File1.佳奈子(32)外資系証券会社のエグゼクティブディレクター
「私ほどすべてを手に入れた女は、他にはいない」


「佳奈子さん、本日はありがとうございました」

「こちらこそ。掲載前には念のためチェックさせてくださいね」

女性向け経済誌の取材を終えた佳奈子は、慣れた笑顔で編集者とライターに別れを告げる。

泉ガーデンタワー内のカフェを出て、足早に六本木一丁目の路上でタクシーに乗り込むと、連日の激務で凝り固まった首を大きく回した。

こうした取材を受けるのは、もう何回目になるだろう。似たような質問ばかりの取材にうんざりする気持ちもなくはないが、それでも佳奈子は他人からの注目を浴びることが嫌いではなかった。

― まぁ、義務みたいなものよね。私ほどすべてを手に入れた女は、そうそう他にいないだろうし。

東大工学部を卒業し、新卒で外資系証券会社に入社。

32歳ですでにエグゼクティブディレクターの地位を得て、年収は3,000万以上。

大学時代の同級生である夫との間には2歳の娘もいて、さらには、生まれながらの華やかな容姿まで持っている…。

謙遜するのが嫌味なほどに、女性が望むすべてのものを手にしていている完璧な女。

それが、佳奈子だった。

しかしそんな佳奈子にも、たったひとつだけ我慢のならないことがあった。

後部座席で一息ついた佳奈子は、おもむろにバリーのハンドバッグの中からスマホを取り出し、LINEを見るなり小さく舌打ちをする。

― 全く…。ほんとに使えない男。

佳奈子をいらつかせる存在。それは…他でもない夫・雄介だった。

【アイ・ニード・モア〜外資系オンナの欲望〜】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo