この結婚、間違ってた? Vol.3

条件を下げ、35歳で結婚した下落合に住む女。彼女に待ち受けていた、予想外の新婚生活

「やめるときも、すこやかなるときも、あなたを愛する」と誓ったはずなのに…。

“やめるとき”は、愛せないのが現実。

思い描いていた結婚生活とは程遠く、二人の間に徐々に生じ始める不協和音。

「こんなはずじゃなかった」と不満が募ったとき、あなただったら、この結婚生活やめる?それとも…?

▶前回:深夜2時のベッドルームで、夫の秘密を暴く28歳妻。彼女を不幸に陥れた“指紋認証”の罠


Vol.3 下落合妻の憂鬱


【今週の夫婦・結婚1年目】
夫:洋輔(30)不動産会社勤務
妻:菜々子(35)大手食品メーカー受付


「すみません、やっぱりレジ袋もお願いします」

通勤カバンにいつも入れているはずのエコバッグが見当たらず、私は、慌てて会計に有料のレジ袋を追加してもらう。

ピーコック目白店。仕事終わりに食材を買うため、ここに寄るのが、結婚してからのルーティンだ。

『洋輔:帰宅中!菜々ちゃんは?』
『nanako:ピーコック』

夫からのLINEに、一言で返信する。

35歳の私が結婚したのは、半年前のこと。

長いこと実家暮らしだったから、生鮮食品を自分で買ったことはほとんどなかった。スーパーに行くとすれば、ワインやチーズ、輸入のお菓子や紅茶を買う時くらい。

実家がある青葉台には東急スクエアがあるし、少し歩けば成城石井と明治屋がほぼ隣接しているから、そういったものを買うのにまったく困らなかった。

今住んでいる下落合は東京で、新宿区だ。なのに、そういう高級スーパーがほとんどない。

― なんとなく、気分が上がらないんだよね…。

自分でもバカらしいと思うのだが、おいしいピノ・ノワールとエポワスチーズさえあれば、私は幸せなのだ。

買おうと思えば買えるのだが、節約を意識しながら購入している自分がいて、それに嫌気がさしている。

ワインとチーズくらい値段を見ずに買いたい、というのが私のささやかな願望だ。

【この結婚、間違ってた?】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo