その男女、ひと癖あり Vol.4

「彼って、どれくらい貰ってるの…?」男が席を外した瞬間、女がスマホでチェックしたこととは

「こういう人、いるよね…」

出会いの場に足を運んでいると、たまに遭遇する“ひと癖あり”な人。

だけど、そんな“ちょっと癖ありな言動”には、理由があった!?

先週はこだわりが強すぎる、ひと癖ありな男が登場した。

さて、今週の体験談は…?

▶前回:真剣な顔でコソコソとスマホを覗き込む男。そこに映し出されていた“あるモノ”を目にした女は…?


Vol.4:〇〇にこだわる女は、恋のチャンスを逃しやすい!?


今週の体験者:遠山幹也(26歳男・証券会社勤務)


「幹也、めちゃめちゃ久しぶりだね。元気だった?」

会場のドアを開けるなり、懐かしい顔ぶれに声をかけられる。この日幹也は、都内のホテルで開催されている、大学時代の同窓会に参加していた。

2015年に新卒で証券会社に就職し、ここ4年は地方に勤務していたため、今日は久々に見かける顔も多い。

ひと通り友人たちに声をかけ終えると、ドリンクコーナーへと向かった。

― あの人も、たしかクラスが一緒だったよな?

幹也の視線の先にいたのは、黒髪ロングですらりと背の高い女性。名前を思い出したタイミングでちょうど目が合ったので、彼女に話しかけてみた。

「もしかして、飯田優里さんだよね。俺のこと覚えてる?」

「もちろん覚えてるよ!遠山くんでしょ?」

その後2人は会場の隅のほうにあるテーブルへと移動し、ひとしきり近況報告で盛り上がった。

「最近、何かハマってることとかないの?」

仕事の話がひと段落したところで、何気なく尋ねてみる。

「最近は、おうち晩酌かな。日本酒とかワインが好きで…」

― 20代半ばにしては渋いなあ。いま付き合ってる人の趣味に寄せてるのかな?

「へえ。彼氏と一緒に飲むの?」

さりげなく幹也が探りを入れてみると、彼女は顔の前で手を振りながらこう答えたのだ。

【その男女、ひと癖あり】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo