旅に出なくても海外気分が高まる空間。どこか懐かしい伝統のロシア料理

長きに渡り受け継がれてきた、伝統のロシア料理が堪能できる『サモワール』

日本人の舌になじむ味わいで、どこか懐かしくも心温まる逸品と出合える。

異国情緒あふれる空間で、初めての美味しさを体験してほしい。

▶「三宿」特集の前回:いざ、焼肉の新境地へ…!食通を虜にする、スパイス際立つ個性派焼肉

東京カレンダーアプリのプレミアム会員になれば、発売中の最新号を今すぐご覧いただけます!
アプリのダウンロードはこちらから。


恐らくは都内最古のロシア料理店で、創業は1950年、渋谷・恋文横丁にて。二代目として酒井宗康さん・正恵さん夫婦が全て取り仕切ることになった2006年、三宿に移転した。

「閑静な街の1階にあり、ふたりのイメージにぴったりだった」店舗は元牛乳販売店で、梁や柱は渋谷時代の店舗から移築。調度品の多くも持ち込んで、レトロで温かい空間をつくり上げた。

どこか懐かしく、心温まるのは料理も同じで「ボルシチ」や「ピロシキ」など、全てのレシピは先代が考案したものを踏襲。

若いクリエイターが多い三宿で、美味しさはもちろん、温故知新の大切さまで伝えている。


「ボルシチ」900円。先代がロシアで食べていた味を再現。

牛のスープストックをベースに、ビーツなどの野菜の優しい甘みを引き出した滋味を堪能できる。


「ピロシキ」700円。ひと皿に2個の定番で、餡は合い挽き肉にタマネギ、刻んだゆでたまご。

低温でじっくり揚げた後、オーブンで焼いて余計な油を落とし、サクサクの生地に。


『レストラン検索』のご利用はこちら>>


物のない時代に先代が手作りしたというテーブルやイスを、今もそのまま使用している。

アンティークで品よくまとめた空間は、唯一無二の存在感を放つ。


“日本人のツボを心得たロシア料理に出合える!”

昔、モスクワに取材に行ったとき、いまいちピンと来なかったロシア料理。そんなイメージを覆してくれたのがこの店。

「ボルシチ」とともに名物となっている「ピロシキ」に、とにかく驚きました。現地より断然美味しい!

※本記事に掲載されている価格は、原則として消費税抜きの表示であり、2021年3月19日時点の情報です。

東カレアプリなら、電子書籍で読み放題!

プレミアムサービスなら、最新号も過去号(約10年分)も、電子書籍で読み放題!
レストラン検索機能もついて超便利!
アプリでのご利用はこちらから
※最新版のアプリをダウンロードしてください。

紙版をお求めの方はこちらから

※東京カレンダーは毎月21日頃の発売です。今号は3/19(金)から。



【東カレユーザーのマッチングアプリ事情を緊急アンケート!】
マッチングアプリを利用して、恋人や結婚相手を探すのは当たり前の時代。
皆さんの、マッチングプリのリアルな利用実態を聞かせてください!

いただいた回答結果は、後日記事にして発表いたします!
以下リンクよりお答えください。
https://questant.jp/q/9609XCY2

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo