あのクリエイターの洒脱なビールのこなし方 Vol.1

ベポカ

Bépocah

大人の男が語らうならば、立場を忘れてビールで乾杯

トウキョウスカパラダイスオーケストラ

右から、加藤隆志(Guitar)、大森はじめ(Percussion)、川上つよし(Bass)、谷中敦(Baritone sax)ら9名からなるスカバンド。“世界一ハッピーでタフな伊達男”として、世界を股にかけ活躍中だ。

東京スカパラダイスオーケストラ/ミュージシャン

黄色い外観が、ペルーの首都リマの街並みを思わせる『べポカ』。料理だけでなく、地ビールや伝統的な蒸留酒ピスコのカクテルを用意するなど、酒も徹底的に本場の味にこだわる。そんな異国情緒に誘われ、店内にはそろいのスーツに身を包んだ4人の男が。東京スカパラダイスオーケストラのメンバー、谷中敦氏、川上つよし氏、大森はじめ氏、加藤隆志氏である。

ライブで地方や海外に赴くことが多い彼らにとって、現地で呑む酒は何よりの楽しみ。

まず加藤氏が「日本人なら、最初の一杯はビールでしょう?地ビールはどこで呑んでも印象に残りますね」と、大のビール党ぶりを発揮。それを聞いた大森氏も「その土地で造られたものが一番旨いよね」と同意を示す。東京の下町で呑むのがお気に入りの川上氏は「いい店には、いい人が集まる。東京でも地方でも、そういう店に呑みに行きたい」と言う。

嗜んだ酒と遊びについて語りあう中、「酒の席での繋がりがすべてではないと思うけど」と前置きをしつつ、谷中氏が口を開いた。「男は昼に会うと、お互いの肩書や立場を尊重しすぎてしまう。でも、お酒を呑み交わせば、一気に仲良くなる。その時に上下関係は必要ないと思うんです」。

日が暮れた後、互いの違いを必要以上に気にすることはない。昼とは違う顔が見える、だから、夜に遊ぶことは楽しいのだ。

ムール貝に野菜を刻んだソースを添えたチョロス・ア・ラ・チャラカと、赤ワインビネガーとタマネギでマリネしたエスカベーチェ。盛り合わせ¥1,200。

マッシュポテトを使った前菜、4種のお楽しみカウサ¥1,800は、奥からカニ肉、エスカベーチェ、タコ、チキン


東カレアプリダウンロードはこちら >

【あのクリエイターの洒脱なビールのこなし方】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ