「デートでイタリアンは行き尽くした!?」そんな食通の大人たちが、足繁く通うリストランテ


おいしものを食べ慣れている女性をデートに誘う時、どんなお店をチョイスすべきか迷うことはないだろうか?

そこで、食通の女性をも、きっと満足させる本物志向のリストランテ『マジカメンテ』をご紹介しよう。

ここでは、薪オーブンを使ったジューシーな赤身肉と、選びきれないほど多彩なパスタを用意している。

「デートでイタリアンは行き尽くした」という女性でも、きっと喜んでくれるお店だ!

東京カレンダーアプリのプレミアム会員になれば、最新号を今すぐご覧いただけます!
アプリのダウンロードはこちらから。

ボックスシートは2名から利用可能。オープンキッチンがよく見渡せる特等席だ。イタリア本場のリストランテに来たような錯覚に陥る雰囲気の店内


本場のイタリアンを食べたことがあるだろうか。

数多くあるリストランテのなかでも、ここは特別“本場”にこだわった店だ。

駅から少し距離がある人気店は、わざわざ足を運ばせるほどの実力があるということだ。広尾寄りの恵比寿に位置するこの店もまた、唯一無二の魅力を放ち、大人が足繁く通う。

ドアを開けると、オープンキッチンからパチパチとはぜる薪の香りが漂い、壁に飾られた伝統的な調理器具が、イタリアムードを盛り上げる。この調理器具は、全てシェフの佐藤崇行さんが集めたもの。

さらにこの店では、工程が複雑で日本ではあまり見られないパスタが楽しめる。

例えば“クロゼッティ”というリグーリア州の東の村、ヴァレーゼリーグレの木製スタンプで模様をつける円形パスタなど。レパートリーは約30種という圧巻の数だ。

コースのスタートは「ティジェッラ」というおやきのようなパンから。

表面には花の模様が刻印されている。現地ではストリートフードだという、珍しき料理の登場で、これから始まるコースへの期待は一気に跳ね上がる。

初めて出合うイタリア食文化がもたらす高揚感は、皿が進むほどに高まるのだ。

初体験の味には思わず唸るほど!イタリア郷土料理の底力を知る


「厳選肉の薪焼き」。佐藤さんが使う牛肉は、全て信頼する目利きの肉職人が厳選したもの。


昆布、ソアヴェ、発酵ハニーライムでマリネしたホタテは、お粥を揚げた米のクロカンテでミルフィーユ状に。

チェリーやラズベリーなど5種のビネガーをブレンドしたソースを合わせる、ヴェネト州の土地を思わせるひと皿。


『レストラン検索』のご利用はこちら>>


表面に押されているのはこの料理の故郷、モデナの象徴の花。現地同様の器に入れた微発泡の赤ワインと楽しむ。すべてコース(9,800円)より。

30種以上のパスタから旬に合わせて用意


小さな詰め物をしたパスタ「トルテリーニ・イン・ブロード」はエミリア・ロマーニャの料理。

中身は安曇野放牧豚と生ハムなど。去勢鶏ベースのブロードを目の前で注いでくれる。



本物を知る大人が訪れるレストランがあるから、やっぱり恵比寿はやめられない。

東カレアプリなら、電子書籍で読み放題!

プレミアムサービスなら、最新号も過去号(約10年分)も、電子書籍で読み放題!
レストラン検索機能もついて超便利!
アプリでのご利用はこちらから
※最新版のアプリをダウンロードしてください。

紙版をお求めの方はこちらから

※東京カレンダーは毎月21日頃の発売です。今号は2/20(土)から。

※本記事に掲載されている価格は、原則として消費税抜きの表示であり、記事配信時点でのものです。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo