「また二人でココ来たいね」3回目デートにぴったりの、グランメゾン級の料理を出すビストロとは?

ドキドキの初デート、そしてお互いの距離が少し縮まる2回目のデートを経て、3回目のデートは、今後の二人の関係性を決めるといっても過言ではない。

そんな“本気の夜”に必要なのは、自然と二人が打ち解けるような空気感と、思わず笑顔になる料理の美味しさだ。

『ビストロ エビス』はまさに三度目デートにふさわしい、といえるかもしれない。

ビストロの気負わなさはありながら、提案する料理のクオリティはグランメゾン級の上質さ。

舌の肥えた恵比寿の大人たちも贔屓にする一軒は、居心地抜群の美食空間だった!

東京カレンダーアプリのプレミアム会員になれば、2月20日発売の最新号を今すぐご覧いただけます!
アプリのダウンロードはこちらから。

テーブルセットもごくシンプルに。料理を楽しむための必要最低限なものだけを備えている。オープンして11年。より居心地よい空間へと少しずつアップデートしているのだとか


扉を開けると、木の温もりがある落ち着いた空間に、カウンター10席が広がる。無駄をそぎ落としたシンプルな店内はまさに大人好み。

それでいて気取らない雰囲気があるのは、呼吸の合った夫婦ふたりが作り出す柔和な空気によるものかもしれない。

平尾光司シェフは『オテル・ドゥ・ミクニ』や銀座『レカン』『ラ・ブランシュ』を経て渡仏し、『ミッシェル・ロスタン』で研鑽を積み、帰国後、独立。

名だたるレストランで磨き上げられた技術を用いて、あえて〝平尾シェフ流ビストロ〞に崩してプレゼンする。

例えば「毛がにとカリフラワー」は、カニ身とカニのコンソメにカリフラワーのムースを合わせ、スライスしたカリフラワーを花びらのように飾り付けたひと皿。

「ムース」と「コンソメ」というフレンチの代表的な調理法だが、これも平尾シェフの良い意味での手加減により、気取らない味わいに。

そんな本格的な料理を、白いクロスの上ではなく、シェフの仕事を眺めながらカジュアルにカウンターでいただく。

料理のサーブは、柔らかな物腰の平尾シェフの奥さまが担当する。ゲストがオーダーしたひと皿に最適なワインを提案するのはもちろん、さりげないコミュニケーションを通して、その人の好みを探っているのだという


まさに大人が求めていたビストロの本質がここにある。

「ビストロだから、ではなく〝ここに来たいから〞のオンリーワンに」とは平尾シェフ。

客の多くは常連。好みを分かっているから、「このワイン、あのお客さんが好きそうだから入れよう」との姿勢にも心を掴まれ、通いたくなる。

上質な器にセンス良く盛り付けられた料理が、美しさの本質を捉える


カニの旨みが凝縮したコンソメと、カリフラワーの甘みと香りの二重奏が絶品。

一流レストランでも使用される、フランスの作家の器に料理が映える。「毛がにとカリフラワー」2,600円。


『レストラン検索』のご利用はこちら>>


「鰆とレンコン」2,800円。ほろりと身がほぐれる絶妙な焼き加減の鰆の下に、レンコンのピューレを敷き、食べる直前に南部鉄器で牛出汁のコンソメをかけていただく。


「仔牛のカツレツ」4,200円。ミルキーな風味で柔らかな仔牛は、フレッシュトマトとバジルソースで。

恵比寿美女もイチオシ!

吉田恭樺さん(27)/ワイン通販会社
仕事柄、自粛中もおうちでワイン三昧。行きつけのワインバーを見つけるのが今年の目標


“カウンタービストロって、自然と親密な空気が生まれるんです”

カウンターだけのこぢんまり感も相まって、デートだと距離がぐんと縮まる気がします。常連の方が多く、落ち着いた雰囲気のお客さんばかり。まさに大人のためのビストロ!



ほっとするビストロの空間で頂く、唯一無二のお料理。思わず笑顔になって、「また二人で来たいね」と言いたくなる。

今夜こそ、彼女と距離を縮めたい。そんなあなたにぴったりの、大人の実力派ビストロがここにあり。

東カレアプリなら、電子書籍で読み放題!

プレミアムサービスなら、最新号も過去号(約10年分)も、電子書籍で読み放題!
レストラン検索機能もついて超便利!
アプリでのご利用はこちらから
※最新版のアプリをダウンロードしてください。

紙版をお求めの方はこちらから

※東京カレンダーは毎月21日頃の発売です。今号は2/20(土)から。

※本記事に掲載されている価格は、原則として消費税抜きの表示であり、記事配信時点でのものです。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo