「結婚への憧れもあるけれど…」白石麻衣と恵比寿デートをしてみたら、本音を語ってくれた!

昨年、「乃木坂46」を卒業したばかりの白石麻衣さん。

今回、彼女と共に訪れたのは、『abysse(アビス)』。恵比寿と代官山の中間点に、坂の途中の隠れ家として存在感を増す、魚が主役の名フレンチだ。

白石麻衣さんが語る、28歳のリアルとは?

東京カレンダーアプリのプレミアム会員になれば、2月20日発売の最新号を今すぐ全ページご覧いただけます!

掲載しきれなかった、白石麻衣さんのインタビュー全文も、アプリから今すぐ読めます!


卒業した今の自分の肩書は……正直、わからない(笑)


〝まいやん〞。そんな風に呼ぶのを躊躇ってしまうほど、赤ワインのグラスを傾ける白石麻衣さんの横顔は、美しく大人びていた。だが、ご本人は謙遜する。

「年齢にふさわしい大人に自分はなれていない、っていう感覚があって。たぶん、衣装ではあるものの、〝制服〞をずっと着てきたからか、若く思われがちでしたし、自分もそっちに引っ張られていたというか……。

リアルな同世代の女性と比べたら、きっとまだまだなんだと思います」

28歳。昨年、アイドルグループ「乃木坂46」を卒業。不動のセンターとして走り抜けた10年間を経て今、ひとり、自分の足で立っている。

「肩書……ですか?私もわからないんです(笑)。

どこかでアイドルっていうのが抜け切れていないのも正直なところですが、ひとりで出演した番組を見たら〝モデル、女優〞ってなっていて。それを見て、あ、もうアイドルじゃないんだな、と。

不思議な感じはしてますね。きっと、少しずつ変わっていくとは思うんですけど」

〝元アイドル〞という肩書がついてまわることは、決してネガティブに捉えていない。

「白石麻衣っていう人間を知ってくれる人が1人でも増えるなら、そう言われても、特に気にはならないです。自分を育ててくれた、成長させてもらった大事な場所にいたことは事実ですから」

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo