「鳥焼肉」が2021年飛躍の予感…!?焼き鳥ラバーなら絶対に押さえておくべき店3選

“松阪鳥焼肉”がヤミツキ度100%!
『チキンキッチン』@渋谷

焼肉店とは思えぬ、クリーンでスタイリッシュな空間


鶏肉を炭火で焼く食文化は日本全国にあるが、〝松阪牛〞で有名な三重県松阪市でローカルフードとして親しまれているのが、八丁味噌の甘辛ダレがクセになる鳥焼肉だ。

中目黒の人気焼肉店『ビーフキッチン』が、ポップアップで松阪の「鳥焼肉」にヒントを得た店を始めたところ、「新しくて美味しい」と話題に。

実店舗をオープンする際、マルチクリエイターである藤原ヒロシ氏もディレクションに携わったという店内は、渋谷らしいストリート感にあふれ、お洒落なオーラを纏った大人で賑わっている。

味噌ダレの香りが食欲をそそる鳥焼肉は“ぷる艶”。味噌は焼きすぎると焦げてしまうので、頻繁に裏返すのが美味しく焼くポイント。親鶏、若鶏それぞれの「もも」「むね」「ささみ」や、若鶏の「くび」「かわ」など、さまざまな部位が揃う。680円~


松阪では、歯ごたえも旨みもしっかりとした親鶏を使うのが一般的だが、こちらでは瑞々しい肉質を生かした若鶏も用意。八丁味噌をベースにしたタレの美味しさを楽しんでもらいたいと、厚めにカットしている。

それぞれ、ももや胸肉などの食べ比べができるのも楽しく、なによりも濃厚な味噌の味がヤミツキに。松阪発祥の「鳥焼肉」の虜になること間違いなしだ。

“ストリートの神”がデザイン!ハイセンスな店内が居心地いい


藤原ヒロシ氏が空間デザインなどのディレクションに携わったとあって、店内はお洒落感満載。半個室はセンスのいいアート作品が飾られ、フォトジェニックだ。

“江戸料理”を伝承する滋味深い鳥焼肉
『江戸料理 櫻田』@浅草

掘りごたつ式のテーブルに囲炉裏を設えた、和の風情たっぷりの店内。当時食べられていた食材で再現した江戸料理を堪能できる


雷門から目と鼻の先にあるのが、1977年創業の『江戸料理 櫻田』。

文久2年に建てられた京町屋を移築した店内は、囲炉裏を設えた和の風情がたっぷりの空間。江戸時代にタイムスリップしたような気分で、炭焼き料理を味わえる。

炭焼きする串料理は、2本500円の明朗会計。季節の野菜や魚、焼き鳥などが揃う


肉、海鮮、野菜とメニューが充実するが、なかでもジビエは鹿、猪、鴨といった定番に加え、うずらや軍鶏などの希少な鶏肉を楽しめるのが同店ならでは。

1羽丸ごと捌いて、骨付きのままタレ焼きにする「うずら」600円


仕留め方や捌き方など、信頼のおける猟師から仕入れるジビエは、鮮度が抜群で臭みがない。上質なものしか扱わないこだわりようだ。

とくに、メニューとして提供する店が少ない「うずら」に関しては、身が少ない分、旨みが凝縮。しっかりとした弾力と、噛むほどに溢れ出る滋味が、ほかの鳥にはない魅力だ。

軍鶏肉や鴨肉、野菜などをタレにつけ、鍬くわで焼く「鍬焼き」1,000円


創業から継ぎ足しの醬油ダレを絡めながら、自身でじっくりと焼き上げていくのも楽しく、一層味わい深くなる。

囲炉裏を囲んでしっぽりと鳥焼肉を堪能する、そんな情緒溢れる時間を過ごしたい。

鶏はもちろんのこと、クオリティの高い海鮮にも注目!


店にはメニュー表はなく、店主自ら仕入れる鮮魚や無農薬の野菜など、籠に盛られたその日の食材の中から注文する。食に造詣の深い店主の話を聞くのも一興だ。

東カレアプリなら、電子書籍で読み放題!

プレミアムサービスなら、最新号も過去号(約10年分)も、電子書籍で読み放題!
レストラン検索機能もついて超便利!
アプリでのご利用はこちらから
※最新版のアプリをダウンロードしてください。

紙版をお求めの方はこちらから

※東京カレンダーは毎月21日頃の発売です。今号は1/21(木)から。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo