「ソリレスってどこの部位…?」に即答できる男はモテる。分かっていそうでいない、焼き鳥の希少部位とは

「これってどこの部位?」

デート中、彼女に質問をされて答えに詰まる……。

そんな経験はないだろうか?

近年、多くの焼き鳥店が取り扱う“希少部位”。

―名前は聞いたことがあるけど、どこの部位かわからない!

そんなあなたのために、味や食感の特徴とともに押さえておきたい7部位を紹介する。

東京カレンダーアプリのプレミアム会員になれば、1月21日発売の最新号で紹介している、東京の美味しい焼き鳥店を今すぐご覧いただけます!

アプリのダウンロードはこちらから。


【ぼんじり】
強い弾力と肉汁のシャワー。お尻周りの人気部位


鶏の尾羽の付け根、尾骨の周りにある三角形の部位。

ぼんぼりのような形をしていることからつけられたネーミングとか。

コリッとした歯応えと、脂ののった旨さが特徴。


【せせり】
コリコリとした食感!噛むごとに旨みがあふれる


首の肉。

よく動く箇所なので筋肉質。小気味良い歯応えが人気の部位だ。

首に沿って包丁を動かし、せせりとることからこの名がある。最近はコースの最初に出す店も多い。


【ちょうちん】
名前は提灯に由来。濃密な卵黄が病みつきに!


生まれる前の卵黄“キンカン”と、卵管と卵巣の部分の紐。

このふたつを一緒に串に刺したものが、ちょうちんだ。

卵黄を半熟状に焼き上げるタイミングが、ものをいうひと品。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo