クリスマスデートがきっと忘れられない思い出になる話題の新店3選

最大18名着席可能な、圧巻のカウンター席

高級鉄板焼店『モンシェルトントン 日比谷』が
ラグジュアリーホテルの中にオープン!

ラグジュアリーホテルの鉄板焼といえば、王道の贅沢ディナー。

10月1日、鉄板焼の老舗『瀬里奈』系列の『モンシェルトントン』の日比谷店が『ザ・ペニンシュラ東京』の5階にオープンした。

臨場感と高級感に溢れる最高級の鉄板焼コースは一年を締めくくる夜に最適だ。

「神戸牛の味覚コース」¥38,000

圧巻の迫力を誇るカウンター席で
贅を尽くした一夜を過ごしたい

店内に入り驚かされるのが15mもあるカウンター。タイルと大理石からなる特注テーブルにスポットライトが当たり、座った時点で優越を感じられるほどの華やかさだ。

オーダーしたいのは、『モンシェルトントン』の焼きの技を最も堪能できる「神戸牛の味覚コース」。

『瀬里奈』グループは神戸牛を扱って65年という和牛界のレジェンド的存在だ。長年築いた信頼関係で仕入れる最高峰の肉は、数々のVIPの舌をも唸らせている。間違いない美味しさが保障されているのだ。

「キャビア」

「神戸牛の味覚コース」の一部をご紹介!

まずは、鉄板で焼き上げたじゃがいものガレットにのせたフィンランド産キャビアからコースが始まる。

焦がしバターが香ばしい、もちもちしたガレットの生地とキャビアの塩気が食欲をそそる。

キャビアをつまみにシャンパンで喉を湿らせれば、この上なくラグジュアリーな気分に。

「伊勢海老」

続く「伊勢海老」は、一度蒸し焼きにしてから鉄板で再度焼きあげるので、身のプリプリ感と肉厚さを存分に感じることができる。

1人につき半身というボリューム感に大満足だ。

「サーロイン」に合わせるのはアンデスの岩塩、玉葱の合わせ醤油、特製のアーモンドソース

「神戸牛の味覚コース」の主役は、25日熟成させた「サーロイン」130gのステーキ。

目の前の鉄板でダイナミックに肉が焼かれるので、立ち上る香りで食欲が刺激される。

厳選された神戸牛は、旨みの強い脂を含みつつ、後味はさらっとしているので最後まで飽きずに食べられる。

カウンター横に併設されたラウンジ

食後のデザートはゆっくりと
人の目が気にならない艶やかなラウンジで!

デザートタイムは併設されているラウンジでゆったりと。

暗めの照明でムーディーな雰囲気なので2人の距離も縮まること間違いなし。

東カレアプリなら、電子書籍で読み放題!

プレミアムサービスなら、最新号も過去号(約10年分)も、電子書籍で読み放題!
レストラン検索機能もついて超便利!
アプリでのご利用はこちらから
※最新版のアプリをダウンロードしてください。

紙版をお求めの方はこちらから

※東京カレンダーは毎月21日頃の発売です。今号は11/21(土)から。

※本記事に掲載されている価格は、原則として消費税抜きの表示であり、記事配信時点でのものです。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo