いつだって、どこだって Vol.5

彼氏との旅行をインスタに投稿した女。彼女を恐怖に陥れた、1通の不穏なDM

運命の人とは、いつだって、どこだって出逢う可能性がある。

恋の舞台は、東京だけじゃない。

思いがけず、旅先で恋に落ちてしまうことだって、あるかもしれない……。

とっておきの恋と旅の思い出は、何年経っても色褪せず、その人の心を彩り続ける。

これは“旅”を通じて、新しい恋に出会った女達の4話完結ショートストーリー。
1話~4話の舞台は、バンコクだった。5話~8話の舞台は、ドバイ。

▶前回:そんな偶然があるなんて…。「この人とは縁がある」すれ違い続けた2人の男女が運命を感じた驚きの理由とは?


ー2019年11月ー

「来月中旬、休み取れる?アイリ誕生日だろ。3泊5日で一緒にドバイにでも行こうよ。もちろん旅費は俺が出すし」

金曜23時@六本木の自宅にて。

彼氏である豊(38)の肩にもたれるように窓の外に広がる夜景を眺めながらソファ座っていたアイリ(22)は、突然の提案にキラリと目を輝かせた。

「行きたい!休み取れるように調整する」
「決まりね。とっておきのホテルおさえておくから楽しみにしてて」

―ふふ、やっぱ持つべきものは、経済力がある年上彼氏ね♡

豊は、高級賃貸物件の仲介を主な事業とする不動産会社の経営者だ。年収は億を超えているらしい。

そして職業柄なのか、今まで付き合ってきたどの彼氏よりも羽振りがいい。

新卒で入ったPR会社の給料では、六本木のレジデンスで一人暮らしなんて夢のまた夢だし、ハイブランドの洋服やバッグだって自分の力ではなかなか手が届かない。

「嬉しいな。ありがとう、大好き♡」

豊に抱きつくと、彼は満更でも無さそうな表情をしている。筋肉が付いて、程よく日焼けした逞しい腕がアイリの背中に回った。

―ドバイかぁ。豪華なステイが出来そうだし、モスクとか見てみたいし、楽しみ♡

彼と一緒にいると毎日が刺激的でとても楽しい。いつもアイリに新しい世界を見せてくれるから。

同年代の男子なんて子どもだし、行ける店も限られているからつまらない。

ーやっぱり、彼氏は大人の男に限るわ!

【いつだって、どこだって】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo