いつだって、どこだって Vol.4

スタバの“チャイティーラテ”がきっかけで…。男女が運命を感じた理由とは

運命の人とは、いつだって、どこだって出逢う可能性がある。

恋の舞台は、東京だけじゃない。

思いがけず、旅先で恋に落ちてしまうことだって、あるかもしれない……。

とっておきの恋と旅の思い出は、何年経っても色褪せず、その人の心を彩り続ける。

これは“旅”を通じて、新しい恋に出会った女達の4話完結ショートストーリー。

1話~4話の舞台は、バンコク。

◆これまでのあらすじ
バンコクで同じ時を共有するうちに惹かれ合った英莉と樹。しかし、樹に彼女がいることを知った英莉は、自分の気持ちを伝えないままバンコクを後にしLINEをブロックした…その後の、2人の運命は?

▶前回:恋に落ちた相手が、彼女持ちだと発覚!「好きな気持に嘘はない」と言う男の本音


Side 英莉


バンコクから帰国し、1ヵ月ほどたち、すっかり日常が戻ってきた。

樹のことは、“旅先の恋”と割り切って、LINEもブロックして忘れたつもりでいたのに、和歌奈の投稿1つで心がざわついてしまう自分がいる。

『今日で付き合って3年半!遠距離になってからもう2年以上経つなんて早いな。これは1年前のpic♡』

そんな文章と共に添えられた写真は、バンコクで撮ったものだろうか。日傘をさした和歌奈と、今より少し日焼けした樹が肩を並べて寄り添っているものだった。

ーそうだよね…和歌奈さんの彼氏なんだよ、樹さんは…。

もういい加減に忘れよう、そう思った英莉はInstagramを閉じ、すぐさまLINEを起動した。

「ねえねえ。来週の金曜、外銀の先輩と食事会するんだけど英莉もどう?」

さっき大学時代の友人から来ていたメッセージを既読にし、それから素早く返信を打つ。

「来週空いてるから行きたい!お誘いありがとう♡」

彼のことを忘れるためにも、新しい出会いを本気で探そうと決意した。

…その間に、樹が英莉にメッセージを送っていたなんて知る由もなかった。

【いつだって、どこだって】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo