ミリオネアの妻たち Vol.7

「結婚する時、感情より“育ち”を優先させたら…」27歳のミリオネア妻を悩ます、ある問題とは

―0.019%

これは国税庁の『統計年報』から推計する、日本で年収が1億を超える人の割合だ。

彼ら“ミリオネア”に出会える可能性はかなりレアだが、その男たちを射止めた女たちは実際に存在する。

それは一体どんな人物なのか?その生態を探ってみよう。

▶前回:もう私なしじゃ生きられないでしょ?サラリーマンの夫を捨てて億超えの男を捕まえた妻


【お見合いでミリオネアと結婚した女】
名前:佳奈子
年齢:27歳
職業:専業主婦
夫の職業:製造業の家業4代目

このレベルの生活以外は、考えられない


「佳奈子、あの家の御子息も彼女を探しているみたいだぞ」

父が初めてお見合いのような話を持ってきたのは、佳奈子が大学一年生の秋頃。

だが当時、家族には言っていなかったが、佳奈子には大好きな彼氏がいた。

彼は2学年上の近隣大学のアメフト部で、入学して間もない頃からの付き合い。大学3年生だった彼はサラリーマン家庭出身で、キー局への内定が決まっていた。

一方佳奈子は、割と大きめな規模の小売業を営んでいる家の育ち。父はよく、こんなことを言っていた。

「確かあの子の家、サラリーマンの一般家庭だよね」

だから彼と付き合ったのも、そんな父への反骨心の一種だった。

だがいま思うと、それは何不自由ない暮らしを家族にさせているという、父なりに威厳を保つための発言だったのかもしれない。

大学3年の就活時に、あることに気づいたのだった。

【ミリオネアの妻たち】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo