5.2%の憂鬱〜妻からの挑戦状〜 Vol.1

5.2%の憂鬱〜妻からの挑戦状〜:自宅から徒歩15分のホテルに泊まる妻。夫の存在を無視して、女がしていたこと

「そういえば…」

ふと気になった新は、今晩伊織はどこに泊まっているのだろうかと、共通のアカウントでホテル予約サイトにログインしてみたのだ。

「ここ!?それなら帰ってくればいいのに…」

伊織はいつも、夫婦の共通アカウントでホテルの予約を取る。今日宿泊するホテルは、自宅から歩いて15分ほどのビジネスホテルだった。

ホテルに泊まること自体には反対ではない。新太だって1人になりたい時には泊まることもある。問題は、その頻度だ。

最初は1ヶ月に1回程度だったものが、今ではほぼ毎週になっている。

それに今日のように、自宅からさほど遠くないホテルに泊まる理由が分からない。

新太は妻の考えていることがまったく分からず、頭を抱えるのだった。


こんなはずじゃなかったのに…


一条新太は、公認会計士として働く29歳。妻の伊織は、小さなWeb制作会社でデザイナーとして働いている。

住まいは、目黒にある家賃20万・1LDKの低層マンションだ。

新太は本業のほかに、友人の立ち上げたスタートアップの外部顧問などをしている。そのおかげもあり、世帯年収は1,500万を超えているのだ。これは他の20代の夫婦と比べても、高い方であると思う。

さらに最近は、妻の伊織も副業を始めた。友人の会社のwebページ制作などを手伝っているらしいが、具体的な収入は知らない。

生活に必要な費用は基本的に新太が出していて、余暇の時なんかは2人で折半。上を見たらキリがない東京だが、自分たちの生活は悪くないはずだ。

それに新太と伊織は、結婚したとはいえ、お互い1人の時間や自由を大事にしたいタイプだった。

1人になりたい時には、どちらかがホテルに泊まったりしていて、夫婦生活と1人暮らしの良いとこどりの生活を送っている。

子どもが産まれたらそうもいかないだろうが、当面はこの自由な関係を続けたいし、伊織も同じ気持ちだろう。

そんな自由な夫婦関係もあって、平日の夜や休日は副業に充てる時間があるのだ。

新太が副業を始めたのは、友人に誘われたのがキッカケだったから、自ら進んでやろうと思っていたわけではない。公認会計士は人手不足ということもあり、アドバイザーとして声がかかったのだ。

「体調第一でやってよね。健康を害したら、元も子もないんだから」

副業を始める前、伊織に相談した時は「無茶な働き方はやめてほしい」と忠告しながらも、反対はしなかった。それに「私もサポートをがんばる」と言ってくれたものだ。

それなのに最近では、彼女自身が無茶な働き方をしているし、家にすら帰ってこなくなってしまった。

【5.2%の憂鬱〜妻からの挑戦状〜】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo