たかが離婚、されど離婚 Vol.1

たかが離婚、されど離婚:「妻とは終わっているけれど…」同窓会で再会した女に、男が告げた衝撃的な話

「一人のひとと、生涯添い遂げたい」。結婚した男女であれば、皆がそう願うはずだ。

しかし現実とは残酷なもので、離婚する夫婦は世の中にごまんといる。だが人生でどんな経験をしたとしても、それを傷とするのかバネとするのかは、その人次第。

たかが離婚、されど離婚。

結婚という現実を熟知した男女が、傷を抱えながら幸せを探していくラブ・ストーリー。


「実はあの時、ちゃんと言えなかったけど…」

尾形友梨は、目の前に座る男がそう切り出すのを、無言で聞いていた。

「正式に離婚はしてなくて、妻とは別居中なんだ」

彼が続けた言葉にも、友梨はあくまで冷静に、ゆっくりとワイングラスを口に運ぶ。

これが“付き合ったばかりの恋人”の発言なら、手にしていたワインを相手に浴びせて無言で立ち去るところ。だが、目の前の男は“高校時代から知っている同級生”でしかない。

男の名前は、大友将人。現在、将人と友梨は32歳だ。

彼とは先日再会したばかりだが、今日はこうして、代々木公園近くの人気店『アヒルストア』で二人で食事をしている。

そこで将人が放った爆弾発言に、友梨は疑問を抱いていた。

白黒ハッキリつけたい性格の友梨には、離婚しないまま別居を続ける意味が分からないのだ。

「どうして離婚しないの?」

すると将人は、「まあ、いろいろ複雑でさ…」と答えた後で、悪びれる様子もなく言った。

「でも、この状態のままも悪くない。他の女性からのアプローチが面倒なんだ」

将人は、なおも平然と続ける。

「妻には離婚したいとは伝えたけど、まだ決着はついてない。だけどそのままにしているのは、実際に離婚したら他の女性たちから“私と再婚してほしい”って言われる気がして、それも面倒でさ…」

友梨は絶句する。何を言っているのだ、この男は。

「もう結婚なんて、懲り懲りなんだ…。尾形さんもバツイチなら、そう思うだろ?」

確かに彼の言うとおり、友梨もバツイチだ。しかし首を横に振って「申し訳ないけど、ぜんぜん分からない」と答えた。

「えっ?じゃあ尾形さんは、もう一度、結婚したいの?」

「結婚したい。私はすぐにでも、再婚したいくらい」

「俺は絶対にイヤだ。もう二度と結婚なんかしたくない」

将人は、語気を強めて言い切った。

―もういいや。面倒くさい。

友梨は口をつぐんだ。頑固な男と言い争っても仕方がない。そのことだけは結婚と離婚を経て、身に染みて理解していた。

「…でもどうして尾形さんは、再婚したいと思ってるの?」

【たかが離婚、されど離婚】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo