時計じかけの女たち Vol.4

寝室が別々になって、3か月…。妻がキゲンを取り戻した夫からの一言とは

時計はかつて、人々にとって時間を知る大切な道具だった。

だがスマートフォンが流通した現在、時計は単なるモノではない。

小さな文字盤の上で正確に時を刻みながら、持ち主の“人生”を象徴するものだ。

2020年、東京の女たちはどんな腕時計を身につけ、どういった人生を歩むのかー。

▶前回:美容外科医として輝く28歳の女が、かつて友人からされた痛烈な仕打ちとは


【Cartier タンクフランセーズを身に着ける女】

名前:愛美
年齢:32歳
職業......


【時計じかけの女たち】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo