非日常に誘われる!「圧倒的な夜景」が話題の新レストラン3選

レストラン『シェフズ・シアター』からは浜松町のビジネス街を望み、すぐ下には首都高のクルマの流れが見える。そのコントラストも竹芝こその東京らしさだ


シティービューとウォーターフロントというふたつの景色を堪能できる、その艶やかさに逆らえない
『シェフズ・シアター』『ウィスク』@メズム東京、オートグラフ コレクション

誰もが都心を見渡す夜景は経験があるはずだが、今年4月27日にオープンした〝メズム東京〞の眺望はひと味違う。

レストランとバーから望むのは、それぞれシティービューとリバーサイドの灯り。ここだけの2種の煌めきは必見だ。

竹芝の新たなホテル〝メズム東京〞は隅田川のほとりに立ち、その眺めはウォーターフロントらしさが全面に表れたもの。

『シェフズ・シアター』はオープンキッチンと頭上のカッパー色の装飾がデザインのポイント


16階に位置する『シェフズ・シアター』から望むのは浜松町のビルに首都高、そしてモノレールの灯り。

五感を意識したフレンチとなる同店はオープンキッチンを備え、調理の活気が夜景に華を添える。


フランス産仔羊にレモングラスを刺してローストしたメインディッシュ¥4,200(税サ別)。

爽やかなレモングラスの香りが肉に移り、ソースとも絶妙なバランスをみせる。

ミクソロジーカクテルが充実のバー&ラウンジ『ウィスク』はお酒とともにライブミュージックを楽しめるのも魅力。天井が高く開放感も抜群といえる


レストランの隣にある『ウィスク』へ入ると、裁ち落としの窓の外は、左側に浜離宮と汐留、隅田川を挟み右側は月島・勝どきとなる。

月島・勝どきといえば、近年高層マンションが次々と建設される人気の住宅地。日暮れ後は家々の照明が煌びやかに灯り、暗く落ちる川との対比が絶景である。

時節的にオフィスビルの明かりは減っているが、マンションの夜景は比較的遅い時間まで続く。また、川にかかる橋を行き交う車のテールランプが住宅地の夜景に臨場感を与えている。

『ウィスク』からは月島方面のウォーターフロントの絶景が望める。川とそこにかかる橋、そしてその先に見える高層タワー群の灯りが煌めく


ふたつの店舗は表情が異なるので、ディナーのあとにバーへ移動して、カクテルタイムを楽しむのもいい。

近未来的なエントランスに高揚感が止まらない!

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo