美活時代 Vol.2

「お泊まりはダメ…」3か月も付き合っている男の誘いを、女が断ったワケ

美は、お金をかければかけるほど育つ。

美容皮膚科に、ネイルサロン。それからサプリメント…。いくらあったって足りないの。

誰もがうっとりするような、手入れの行き届いた美貌。

ーそれさえあれば、魔法みたいに全てが上手くいくんだから。

そう信じて美に人生を捧げてきた27歳OL・ユリカの物語。

◆これまでのあらすじ

何よりも“美”を最優先して生きてきたユリカ。彼氏の祐太からは、美容代として月30万円をもらっている。しかし、そんな優しい彼と1週間も連絡がつかない。ユリカには心当たりがあるのだった。

▶前回:「お金をかけるほど安心できる」美容代は月25万円。“美しさ”に執着する女の生態


―祐太、今ごろ何してるのかな。

SABONのボディスクラブで丁寧にケアしたあと、スチーマーを顔にあてながら、ジョーマローンのボディクリームで全身をマッサージ。

休日の夕方は、美容に費やす。それがユリカの決まりだ。

甘酸っぱいブラックベリーの香りに包まれながら、ユリカは祐太との出会いに思いを馳せた。



初めて出会ったのは、5か月前。六本木ヒルズの1階にあるカフェで声をかけられたのがきっかけだった。

まだ凍えるように寒かった、冬の東京。

席に着いたその瞬間から、ユリカは隣の男性からの視線をなんとなく感じていた。

でも、そんなことはユリカには日常茶飯事であり、特に気にも留めていなかった。かじかんだ手を温めるようにホットコーヒーを両手で包んで、一口飲む。

すると「熱っ!」と思わず声が出てしまった。それを聞いて、隣に座っていた祐太は、ユリカの顔を覗き込み言ったのだ。

「大丈夫ですか?氷かなんか、もらってきましょうか?きっと冷やした方がいいんで」

焦ったように、祐太は立ち上がった。その時に見えたスラッとしたスタイルと整った顔に、ユリカは釘付けになった。

【美活時代】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo