14日間の恋人 Vol.14

「あんなにヒドいこと、されたのに」14日間彼女を騙していた男に、女が突きつけた条件とは?

ひとり旅をするとき、こんな妄想をしたことはないだろうか。

―列車で、飛行機で、もし隣の席にイケメンor美女が座ったら…?

そして、妄想は稀に現実になる。

いくつになっても忘れないでほしい。運命の相手とは、思わぬところで出会ってしまうものなのだと。

傷心旅行に発った及川静香は、素性の知らない男と恋に落ちるが…。出会いから、別れまで、たった14日間の恋の物語。

◆これまでのあらすじ

静香は元カレ・健次に別れを告げられ、ハワイへ一人旅に出る

偶然知り合った勇作に運命を感じるが、その出会いは仕組まれたものだった。

勇作に決別を告げた静香。そしてついに、帰国の日を迎えようとしていた。


Day14,2019年6月21日。


午前10時。ホノルル発のフライトは午後の便だというのに、静香はすでに空港に到着していた。

真面目できっちりしすぎていて、堅苦しい。元カレにそう言われてフラれただけあって、几帳面な性格は変わらない。ずいぶん早めに着いてしまったのだ。

『出発時刻は?』

ホテルから運んでくれたUBERドライバーに英語で尋ねられ、素直に答えると笑われた。

『少し早すぎない?』

『ゆったりとした時間が流れるハワイから離れて、忙しい東京に戻らなきゃいけないから、リハビリを兼ねてるの』

『尊敬するよ。でも、いつでもハワイに戻っておいで』

気が向いたらUBERで働いて、基本はサーフィンをしていると自己紹介してくれたドライバーのおじさんは、優しそうな笑顔でウインクをしてくれた。

ハワイは悪くない。むしろ最高だった。

しかし思い出がひどすぎた。ハワイの地にふたたび立つことは、もうないかもしれない。

チェックインカウンターが開くまで、静香はカフェで時間を潰すことにした。

明日から2週間ぶりに仕事に復帰するため、スマホでメールをチェックする。

しばらくした後で、そろそろ開いたはずのチェックインカウンターに向かおうと席を立ったとき、向こうからこちらに手を振って小走りで来る女性が視界に入った。

近くの知り合いに手を振っているのだと思ったが、周りには誰もいない。その女性は、静香に手を振っているのだ。

そしてあらためてその顔を見ると、しっかり見覚えがあった。

それは、かつて勇作の妻であった、ミランダだった。

【14日間の恋人】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo